民族差別

3. 短編小説『さようなら、片岡玉子』(野比玉子・作 村江輝夜・あとがき)

そうだ、野比という名前にしよう。すっかり灰が長くなった煙草を灰皿に押し付け、玉子は決めた。暑苦しさの抜けた心地良い風が、開け放した窓から入り込む。急に目の前の靄が消え、全てがうまく行く感触を得た玉子は、その昂奮のまま窓から外に駆け出したい気持ちになった。

思いつくことだけは大胆な玉子が、もちろんそれを実行に移すことはない。こんな真夜中に外を走り回れたらどれだけ気分がいいか。そう思いながら、玉子は

もっとみる

排外主義と主流LGBT運動——「ヘイト」概念を超えて

「そんなことより北朝鮮のミサイルのほうが怖いよ(笑)」
 客が笑ってそう言う。つられて別の客が笑う。私はろくに聞こえなかったふりをして、張り付いた笑顔のまま、カウンターの中の自分の足元に目線を逃がした。数秒のあいだこうすることで、私は——私だけは——この場のヘイトの責任を免れるような気がしたからだ。

この文章は『人権と生活』44号(在日本朝鮮人人権協会)特集「差別とヘイトのない社会へ」に掲載され

もっとみる

週刊中国ニュースクリップ(2018/2/4-17)

[観光]中国、世界第2の南極観光客送り出し国に 一人あたりの平均消費は約280万円
[一帯一路]「一帯一路」計画戦略沿線国から中国への留学生数が大きな伸び
[ネット]運営停止から11日、動画サイト「AcFun」が帰ってきた
[経済]1月のデジタル経済、北京、上海、重慶が突出
[政治]魯煒・元中央ネット情報弁公室主任が「政治紀律」違反で失脚
[規制]動画サイトに人気ラッパー「MC天佑」らの全作品削除

もっとみる