深川麻衣

第27回週間映画興行収入ランキング(2019年6月第3週)

【第27回週間映画興行収入ランキング(2019年6月第3週)】

今週のランキングは「アラジン」VS「メン・イン・ブラック インターナショナル」。
「アラジン」のV2か?
「メン・イン・ブラック インターナショナル」の初登場1位か?
また、「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム」、「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」、「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」は果たして

もっとみる

グレーな色恋が懐かしさを感じさせる『愛がなんだ』

2019年公開映画91本中34位。

いい映画でした。
体にじゅわーって広がる感じ。
二日酔いのときに温かいしじみの味噌汁を飲んだときの、
あの五臓六腑に染み渡る感があった。

そう感じさせるのは、
キャラクター設定とセリフの絶妙さがあってこそだと思う。

恋人ではないし、
もはや好きという感情があるかもわからないけど、
岸井ゆきのが成田凌を一途に想い続ける話。

こういう曖昧な関係性というのは、

もっとみる

第25回週間映画興行収入ランキング(2019年6月第1週)

【第25回週間映画興行収入ランキング(2019年6月第1週)】

今週のランキングは「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」VS「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」。
「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」のV3か?
「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の初登場1位か?
また、「パラレルワールド・ラブストーリー」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行

もっとみる

戦争というより政治映画『空母いぶき』

2019年公開映画74本中59位。

今の日本が戦争に移行するとしたら、
こんな感じなんだろうなという映画。
戦争の始まり方が垣間見えるような内容でした。

原作漫画は読んでないけど、話は映画オリジナルらしい。
東亜連邦という架空の国が初島を占領したので、
何とかしてこいという国からの命令のもと、
空母いぶきが出動する話。

割と派手なドンパチ映画かと思いきや、
まったくそんなことはなかった。

もっとみる

第24回週間映画興行収入ランキング(2019年5月第4週)

【第24回週間映画興行収入ランキング(2019年5月第4週)】

今週のランキングは「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」VS「名探偵ピカチュウ」VS「空母いぶき」。
「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」のV2か?
「名探偵ピカチュウ」のV1か?
「空母いぶき」の初登場1位か?
また、「貞子」、「プロメア」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ラ

もっとみる

形は違えど、愛は、愛。『愛がなんだ』

本日紹介する映画は、今泉力哉監督『愛がなんだ』です。

テルコ(岸井ゆきの)はマモル(成田凌)に一目惚れしてから、マモル中心の生活をおくります。何があってもマモルを近くに感じられることが、テルコにとってこの世の全ての幸せなのです。だけど、マモルにとってテルコは都合のいい女以上の何ものでもないのです。「好き」とは伝えられないまま、それでも二人は急接近します。しかし、また二人の距離は離れ、マモルはすみ

もっとみる

幸せになりたいっすね。

※ネタバレあり

映画『愛がなんだ』を観た話。
端的に言うと、ナカハラが半端ない。

私は物凄くナカハラに心打たれたし、彼がキーだったなぁとか凡人ながら思った。

以下、あらすじである。(公式サイト抜粋)

猫背でひょろひょろのマモちゃんに出会い、恋に落ちた。その時から、テルコの世界はマモちゃん一色に染まり始める。会社の電話はとらないのに、マモちゃんからの着信には秒速で対応、呼び出されると残業

もっとみる

映画『愛がなんだ』の「正しくなさ」について

【Emotional Words Soundtrack # 37】

『愛がなんだ』/今泉力哉監督

昨日にアップしたこちらの記事で、文字量の関係でどうしても取り上げられなかった会話がある。

「ていうかさ、好きになるようなところなんてないじゃん、って話なんですけど」

「そうだよねぇ。私もそう思う。好きになるようなとこ、ないはずなのにねぇ。変だよね」

「変だよね」と、まるで自分自身に語りかける

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
13

映画『愛がなんだ』を、27歳・男子の僕はこう観た

【『愛がなんだ』/今泉力哉監督】

痛々しくて、情けなくて、残酷なほど生々しくて、それでも圧倒的にリアルで正しい「等身大」の恋愛映画。

『勝手にふるえてろ』、『チワワちゃん』など、近年、その系譜に連なる傑作が次々と生まれているが、この『愛がなんだ』は、はっきり言って桁が違った。

《全部が好き。でも なんでだろう、私は彼の 恋人じゃない。》

このコピーを見て、ハッとさせられた人は少なくない

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
36