Day 91

朝からこれにイラっとして晒している僕は寛容さが足りないようだ。
何時も心に余裕のある生活が理想ですね。

生体の美しさ

今日は先生がマウスの子宮から結合組織をキレイに除く作業を小一時間観察してました。生物を扱う研究の責任を感じたとともに臓器の美しさに感動しました。

僕が2年生で解剖させていただいたご献体は高齢者の方々だったので臓器の美しさよりも人間の生きた歴史に思いを馳せる方が強かったです。も

もっとみる

すべらない話 澤穂希【権藤優希】

権藤優希です。

皆さん、すべらない話、鉄板ネタ持ってますか?

ツイッターとか2ちゃんねるの人達って、ホント面白い人多いですよね 笑

そこから、ネタを貰っちゃう事も多いですよね。笑
有名ですが、めっちゃ笑った文章を紹介します。

お前らナデシコJAPANのことブサイクとか言ってるけど、鮫島とか川澄とか普通に可愛いし、大野だって小動物系で愛くるしいルックスしてる。ていうか、近賀ですら実際に見

もっとみる

他者を通して、自分を見つける。

最近、人としゃべるのがとっても楽しい。

考えの違いや視点に、ほお、と感心できるようになったからだと思う。

これまでのトークは、どこか勝負のような様相があった。
自分が知っていることをいかに伝えるか。
相手の話を、お得な部分だけ抜き取りたい。
この人は自慢ばっかりでなんにも楽しいことがない。

どこかに得をすること、自分の優位さを確かめることが目的としてあった気がする。
また一方で、話を聴いたか

もっとみる

トレセンに選ばれたからといって上手くなるわけじゃない。

このnoteでも何度かトレセンについて書いて来た。

 先日、この今年1月に書いた記事中の、去年は次女が全く自分のプレーができなくて落ち込んでいた、男子市トレセンの選考会があった。去年は新6年生の選考会に新5年生で推薦され飛び級での選考だったが、今年は自分たちの学年での、選考会。次女は5年時に女子トレセンで南部に合格しているので、順当に行けば6年次男子市トレセンは突破するだろうとは思っていたが、そ

もっとみる

長い目で見ることの難しさよ

娘のサッカーの出来に毎週末ごとに一喜一憂してしまうメンタル貧弱な母です、こんばんわ。良いプレーをすれば「この子天才かも!」と浮かれ、ダメダメなプレーをすれば「やっぱ凡人だったわ…」と落ち込み、もちろん娘の前では顔に出さないけど、娘は毎回一生懸命やっているのに外野で勝手に酷いもんである。前にも書いたが、うちのチームは保護者によるダメ出し禁止。だからダメな時は黙って見守るしかないのだが、まぁムズムズす

もっとみる

半年分の親ばか観戦記

観戦記をこのnoteにつけようと思っていたのに、あっという間に最後の試合のことを書いてから、半年近く経ってしまった。埼玉県4種リーグ地区予選のことを書いた「3歩進んで2歩下がる」から半年近く経って、そのリーグ戦も先日終わってしまった。3位以内に入れば県大会のトーナメントに進めるのだが、うちのチームはブロック9チーム中5位だったので、そこで終了。でも、発足して3年、一昨年、昨年はブロックビリだったこ

もっとみる

エンジョイフットボールの難しさ

うちのチームは「サッカーが大好きである」ことに最も重きを置いている。楽しくなければ意味がない。それには私も大いに賛成である。前にも書いたが、罵声を飛ばし、子どもを罵り、ミスに対して前時代的な罰を与える…子ども達が全く楽しそうではない。それでは本当にサッカーが楽しめているのか疑問である。「どんなに辛い練習をしても、「サッカーが好きでしょうがない」という奴にいつか負ける日が来る。」私もそう思う。

 

もっとみる

サッカーの神様は見ている(トレセンの話続き)

よくうちのコーチが「サッカーの神様は見ている」って子どもたちに言う。それは「たくさん練習している、頑張っている選手のことはサッカーの神様が見ていて、プレゼント(チャンス)をくれる」という意味である。W杯でもちょうど良い位置にこぼれ球が来たり、DFに当たってコースが変わってゴールが入ったり…それはサッカーの神様からのプレゼントかもしれない。

 先日、まさに「サッカーの神様は見ている!」って思うこと

もっとみる

3歩進んで2歩下がる

上の学年の試合に出る時は、大体後半から左サイド、が定位置だった次女。ここ数ヶ月はトップ下兼ボランチをスタメンで任されることが多かった。先週から始まった6年生の大会4種リーグ(全小埼玉県地区予選)でも、きっとそうなるのでは、と本人もまわりも思っていた。次女も手応えがあったようで4種リーグに向けてトレーニングにもとても気合が入っていた。

 ところが、6年生達がプレーではないところ(試合に向けての行動

もっとみる

チームの強さと個の強さについて

はじめにことわっておくと、次女のチームは弱小である。何をもってそのチームの強さとするか、というとだいたいが4種リーグ(全国につながる大会の地域予選、6年生の大会)の成績で判断することが多いように思う。うちのチームは3年前に発足したため、そのリーグ戦に出場するのは今年が3回目。過去2回とも、ブロック最下位である。1番最初に出た年は発足直後で6年生は4人だけ、4年生や3年生の次女まで出して何とか人数を

もっとみる