理学療法士の働き方改革

現役理学療法士が教える、エントリーする病院の選び方、条件の選び方 (就活)

※ 「理学療法士は自己犠牲が大事なんだ!」「金や時間が惜しいならやめちまえ!」と大きな声で語られる様な方には合わない記事かと思います。

※ この記事は特に「理学療法士の一般的な労働条件」が分かりにくい新卒の方向けですが、若手の方が読んで頂いても勉強になると思います。

 

はじめに

 

自己紹介と経緯

※この章は読み飛ばしても問題ありません。

 私は6年目の理学療法士です。

 初めて

もっとみる

精神医学から学ぶ父親教育学

精神医学や心理学の勉強が好きな私は,心の発達や成長についても興味を持って勉強をしています.

 以前,『遺伝子型や体型,社会的な繋がりからわかるあなたの本能と障害』という有料ノートにて,心と体の関係そしてそこから起きる障害について書かせていただきました.

 今回は,その中の『社会的な繋がり』という部分をピックアップして,精神医学から学ぶ父親教育学ということで,父親としての子供との関わり方について

もっとみる

理学療法士的シンギュラリティー【PTver1.0からPT4.0へ】

シンギュラリティー「技術的特異点」
 簡単に言うと,「人類に変わって,日々進化を続ける人工知能が人類に変わって,文明を進化させますよ!その主役を担いますよ!」という話.

 文明の進化により,各々の職業の働き方も日々進化していきます.日本の理学療法士も日本で誕生し,約60年が経ちました.少しずつ職域が拡大していく中で,我々の働き方は,昔の理学療法士と同様な働き方で良いのだろうか?

 今回は【人工

もっとみる

アインシュタイン博士の名言集

自分の人生には,限りがあるので私はよく偉人の名言を調べます.過去の偉人が残した言葉にはその人が生きてきた重みがあり,経験があります.

だからこそ,私は名言を聞き,なぜその名言を言うに至ったかを考えながら生活をするようにしています.

そんな偉人の名言から,今回はアインシュタイン博士の名言をご紹介.

私が言う言葉よりも,やはり偉人の言葉には重みがある.

01.
「失敗をしたことがない人間は、新

もっとみる

深みと幅を両方取る必要はない基本は間合い。離れすぎは良くない。

若者は,贅沢をせず十分に幸せを得ることができる.僕らは車や時計,住宅といった物に対して価値を見出し,それを目標に仕事をしていた,現代は人とのつながりや自分が誰かの役に立っているか?などといった「精神的充足感」に寄ってきている.物理的な充実ではなく、精神的に満たされたい傾向にある.

6月の活動報告,そして頭の中

こんにちわ!
北海道の理学療法士_かず_です。

今回のnoteでは

・6月の活動と収益の振り返り
・Websiteの重要性
・今月学んだこと
・今月読んだ本
・今後の方向性
・プライベートの変化
・告知

について書いていこうと思います.

※なお,今回の内容は理学療法士が複業屋としてお金を稼ぐノウハウは書いていませんのでご了承ください.

でも,私のものまねをしてたら,これぐらいはいける

もっとみる

4月5月の活動報告と複業売上報告

こんにちわ!
北海道の理学療法士_かず_です。

今回のnoteでは

・5月のオフライン活動と収益の振り返り
・5月のオンライン活動と収益の振り返り
・とりあえず,自分の趣味の研究を続ければそれが仕事になるという話
・今月学んだこと

について書いていこうと思います.

今や公務員にも認められている「副業」研究しようと日々,新しいものに飛びつく_かず_。

理学療法士の新時代の働き方。複業屋理学

もっとみる

理学療法士 菅原和侑ができるまで

1.プロローグ
 今までの人生を振り返ってみると,僕の人生では,中学〜社会人どの世代に居るときも,自分は身近な人に避けられ,遠いい人に好まれるような人生だったと思う.

 曲がったことが嫌いな僕は,どんな立場の人を相手にも変わらない強気な態度をとっていた.

 すぐに思ったことも口にしてしまって,失敗したことも成功したこともたくさんあった.

 
 『偉くなったからって,動かなくて良いのか?雑用し

もっとみる