疫学

公衆衛生学とは?どんなコース?

こんにちは。できるだけ毎日何か書いていこうかなと思ってます。いつまで続くかな。

今私はロンドンで公衆衛生大学院に通っているのですが、英語ではPublic Healthと言うんですね。

つまり集団の健康に関する学問なんです。衛生というと清潔、とかそういうイメージを持ちがちですが、衛生の本来の意味は健康を守る、ということなんです。

医学が個人個人に着目したアプローチであるのに対し、

公衆衛生学

もっとみる

『研究』の目的

今日は大学院のゼミ発表でした。
(実は細々と大学院生をやっています)
慣れない研究発表をしつつ、教室員の皆さんに有意義なフィードバックを頂ける、ありがたい時間でした。

研究の意味はどこにあるのか

僕の所属している大学院は、教授の方針もあり「その研究が社会にどう貢献できるのか」をしっかり考える人が多いです。
一つの研究結果、一つの結論をどうやって社会に還元するか、社会的な課題に対してどう意味づけ

もっとみる

グラフを動かして世界を知ろう

Gapminderというサイトを知っていますか?

このサイトは,故ハンス・ロスリング先生が中心となって運営していたものです。ロスリング先生はスウェーデンの公衆衛生学者で,TEDの素晴らしいトークでも知られています。

このロスリング先生の本が,最近翻訳されました。この本もとてもおすすめです。ぜひ手に取ってもらいたいと思います。『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え

もっとみる

結節やのう胞の余剰発見(過剰診断)

福島の甲状腺検査(先行検査)では、B判定(主に、5.1mm以上の結節や20.1mm以上の のう胞がエコー検査によって認められた、という場合)以上の人が、2,000人強発見されました。この内の大部分(約92%)が二次検査(※《二回目》では無い)を受診(詳細なエコー、血液・尿検査)し、ほとんどの結果が確定しました。確定者の内34%は、A判定相当で次回検査へ、残りは通常診療(保険診療)となり、通常診療の

もっとみる

検査で押さえておくべき事――適中度

知らない人にとっては、わりかし複雑な話ではありますが、出来るだけシンプルに行きます。

検査

検査をして、病気があるかもと判定されるのを陽性と言い、逆に病気は無いだろうと判定されるのを陰性と言う事は、多くの人が知っているだろうと思います。そして、検査結果が出て、陽性だった、心配だな、とか、陰性なので一安心、となったりします。そして、その結果が、病気のある無しを確定するものでは無い、というのもご存

もっとみる

検診で押さえておくべき事

用語の意味を共有しておかないと、話は出来ません。

なるだけ簡潔に行きます。

検診は症状の無い人におこなう

大前提です。検診とは、自覚症状の無い人におこなうものです。

陽性と陰性

陽性とは、検査で、病気があるのではないかという結果で、陰性は逆に、病気は無いだろうという結果、の事です。

確定診断

対象の病気が実際にその人に存在するかどうかを診断する事です。これを基準にして、陽性や陰性の判

もっとみる