白磁の人

レンズ越しにみた日韓の出会いと交流 写真家 藤本巧さん

韓国各地を巡りながら、地方の農村や漁港、都市の風景など、そこに暮らす人びとの生き生きとした表情を撮り続けてきた写真家・藤本巧さん。1970年から現在まで50年に渡るこれまでの活動についてお伺いしました。

藤本巧(ふじもとたくみ)さんプロフィール
出身地:島根県
活動地域:日本、韓国
経歴:1949年、島根県に生まれる。
1970年から韓国の風土と人々を撮り続ける。
著書『韓くにの風と人』(200

もっとみる

全てが愛おしく感じる瞬間。④人と人との出会い

いったい、国とは何か、歴史とは何か・・     

などを考えながら、私は朝鮮戦争についてもっと深く調べていきます。

すると、慶尚北道漆谷郡の多富洞(タブドン)や倭館(ウェガン)と同じように、洛東河戦線として海側の浦項(ポハン)という所でも、熾烈な戦いが繰り広げられたことを知ります。特にそこは、中・高・大学生が自ら学徒兵という立場で、最終的には囮(おとり)として使われた部隊もあったのです。この実

もっとみる