相模原殺傷事件

【地域包括ケアシステムとは?】相模原障害者殺傷事件… それでもなお、地域と「ごちゃ混ぜ」を進める佛子園の思い。

施設セキュリティー強化への違和感

2016年、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」にて、入所していた19名の方々の命が奪われるというとても痛ましい事件が起きたのは、まだ記憶に新しいところだと思います。

犠牲となった19名の方々に心より哀悼の意を表するとともに、被害にあわれた方々の順調な回復をお祈り致します。

さて、事件に対するマスコミの喧騒が過ぎ去って久しい今、僕の周囲でにわかに

もっとみる

二年もかかったけど、ようやく。

電車を二回乗り継ぎバスも二回乗り換え。
でも、自分が住む同じ相模原市内である県立やまゆり園にやっとこさ二年越しで献花しに行ってきた。ずーっと気になりつつも、同じ障害者として、怖くて忘れたくて行けず、でも、2年目のあの日に、月命日には献花台があることを思い切って施設にかけた電話で教えてもらい、おとといの9月26日、漸く行けました。バスでウトウトしてたらけっこうあっという間に着いてしまい、遠かったのは

もっとみる

わたしはわたしが人であることを確かめたい(閑話休題、のような主題、のような)

成り行きでnoteに手を出し、自分が「ハンドメイド変態に至る道」というきわめて私的な話をしはじめて2週間余り経ちました。
正直、手ごたえといっていいのかわからないけど、思った以上の方に読んでいただいてるようで、ここで連載の手を止めて感謝の意を申し上げる次第です。ありがとうございます。

でも今日はそれだけでない話を。
タイトル以上でもないしタイトル以下でもない話題です。
わたしはタグもつけてる

もっとみる