神聖さ

地・水・火・風

火は上へ上へと昇っていく。
金などの固いものも柔らかくしてしまうような
大きなエネルギー源。

水は下へ下へと落ちていく。
じわじわと染みていき
境界線が曖昧。
自然と一体化している。

風も境界線はないかもしれないが、
自由に漂う。
まんべんなく平等でいようとするが、
障害物があると
吹きだまりが出来、
ちりや埃などが溜まる。

それは水も一緒かな。
動きがないと淀むから。

地はいつもそこにあ

もっとみる

聖なる屋久杉

観察する、神聖さ、あるがまま、バランス

悠久の時を私は見てきた。

まわりで生命がうまれ、去り、また生まれるのを。

幾千もの太陽がのぼり、沈んでいくのを見た。

そのすべてが神聖であり、何も欠けているところはない。

深く、長く呼吸をしなさい。あなた自身の神聖さを呼吸するのです。