私のパートナー

お題

ただいまこのハッシュタグで作品を絶賛募集中です。
あなたもステキな記事を書いて参加しましょう!

“愛するという技術”は誰のためにあるのか?

こんにちは、ハヤカワ五味です。

ここ数日、自分でも驚くほど心がBADだったのですが、台風が過ぎ去ってすっかり元気です。ちょうどパニック障害の断薬した直後だったのと、低気圧と、あといくつかの事案がトリガーになって完全にダメでした。どれくらいダメだったかと言うと、深夜に友人カップル宅に行って、2人に抱きしめられながら「ママ〜パパ〜〜〜(?)」と言うくらいダメでした。2人には頭が上がらない。

そんな

もっとみる
スキありがとうございます!とっても励みになります!
306

アパレルを1年やってみて。

飲食出身の僕とアパレル出身の彼女とBARと古着の店を京都でやってます。

店を始める前に、彼女に「なぜ古着をやりたいのか?」と聞いたことがあります。

僕はアパレルの知識はほとんどありませんでした。

これを聞いた理由は、服が好きなら自分のブランドを立ち上げて、新品のオリジナルの服を作って売る方が楽しそうだし、人気が出れば儲かりそう。

と純粋に思ったからです。

その問いに対して、彼女は「新しい

もっとみる

短編小説「ゆなさん」

「ゆなさんって、呼んでよ」
 はじめて参加となった、職場での忘年会。くじ引きでたまたま隣席になった彼女に、苗字をさんづけで呼びつつビールを注いだら、そんなふうに即答された。
 ぼくは瓶ビールをかたむけながら首をかしげた。ゆな。その名は彼女の本名とまったく異なっていた。苗字、名前となんのつながりも感じられない。ひと文字すら重なっていないのだ。
「ゆなさん、ですか」
「そう。みんなからもそう呼んでもら

もっとみる

この目👁で確かめてみたいな✨

最近、以前よりも
心配や不安を感じることがなくなった😊

不安になったのは、いつだっけ❓
思い出せないくらい、遠い昔😁

不思議なことに
心配や不安を手放すと

心配や不安になる出来事が
起こらない😊
全てが、丸く丸く収まっていく🔵

だけど、それに甘んじず
もっと力を抜いてみたい✨

よりシンプルに✨

*

生きるためにと
えいや~💨とりゃ~💨と
力を入れて ガチガチ 生きる人も

もっとみる

小江戸川越デート

先日会社をサボりデートをした。これをTwitterにつぶやいたら思いの外「いいね」がついていてびっくりした。

本当は、その前の日も夕飯を一緒に食べたのでデートそのものは珍しいものではないけれど、一日、しかも平日に休んでどこかに出かけるというのは久しぶりだった。

デートの話なんて誰が喜んで読むんだろうと思ったけれど、ときにはかわいい話を書くのもいいかなと思って、誰も読みたくないかもしれないけど書

もっとみる

FinePix X100という思い出を記録してきたカメラ

FinePix X100というカメラ。現在はFUJIFILM X100と呼ばれるカメラ。それはフィルムカメラの皮をまとったコンパクトデジタルカメラ。

2010年の富士フィルムは、フィルムカメラの衰退、携帯カメラ、低価格カメラの普及でカメラ事業は赤字となっていました。
そんな状況の2011年、「カメラとは?」を世間に問いかけた歴史に残るカメラです。

そんなカメラを買って僕の写真人生が本格的にスタ

もっとみる

#お菓子にまつわるエトセトラ  『食後のデザート』にまつわるエトセトラ

私は甘いものが大好きだ。

時期によっては体重が豊かになることを気にして、控えようと務めていた時期もあるけれど、基本的にはこれまで生きてきて、ずっと甘いモノが好きだったと言っていいだろう。
しかし結婚してから……とくに、子供ができてからこっち私的に結構深刻な事態が発生している。

『食後のデザート』問題だ。



そもそも私の実家は、夕食後に「デザート」として何か甘味が出ることが日常的な家だった

もっとみる

四方漱一宅に来た時の赤ちゃん豆柴『やはり動物は子供が一番可愛い』

我が家の帝一くん

赤ちゃんの時の秘蔵の写真を解放します!

べーー!!

隊長!!

いたずらチュー!

監視カメラで見ていたら、、

おネムだわんか!?

ケチャップひっくり返したよー

僕もジュースのむのー

最後までありがとうございました(^^)

もっとみる

自己犠牲混じりの優しさだったけど、大切すぎる時間でした

辛い状況があったとして。その先も生きていくには、当然その状況をなんとかして乗り越える必要がある。その時、必要な分だけ人の手を借りたほうがいい。借りないといけない。いくら強調してもしすぎることはない。

自己破産に向けた最後の打ち合わせ

台風19号の前日、私とパートナーは管財人面接のため弁護士事務所に出かけた。私たちは女性同士の同性パートナーで一緒に暮らしている。昨年12月まで心理カウンセリングの

もっとみる
ありがとう!明日は天然石のひかむろについて更新予定です。
54

失敗デートと息子と贈るばーすでーそんぐ

夫は私たちが世界で一番好きだ。
私たち、というのは息子と私のことである。
常々「君ら2人がこの世からいなくなったら、俺はもう生きていけない」と言い、息子の一挙手一投足に目尻を下げる。

そんな彼は、10月11日が誕生日だ。

妻である私は、日頃の感謝を込めて、息子を保育園に預けてランチに行こうと誘ってみた。
要は、おデートのお誘いだ。

気恥ずかしい思いを隠しながら、「10月11日、仕事休

もっとみる