空き家バンク

起業して4年目 フリーランスが間違わない決断をする5つの考え方

こんにちは。吉岡大です。

僕はblueto建築士事務所という設計事務所を経営しながら、空き家活用、古民家再生、地域資源を活かしたリノベーションを行なっています。

田舎で起業して4年目。小さな事業をしつつも一応は自営業なので、毎日が決断の日々です。小さな決断も間違えると取り返しがつかないことになり得るのため、決断するには結構な心労があります。

今回は、日々無数にある選択肢の中で、最も良い決断を

もっとみる

タダほど怖い、空き家は無い

こんにちは。吉岡大です。

僕はblueto建築士事務所という設計事務所を経営しながら、空き家活用、古民家再生、地域資源を活かしたリノベーションを行なっています。

先日こういったツイートをしました。

今後空き家が増えて、無償譲渡は増えてくると思いますが、あくまでもタダはタダの価値です。タダほど高いものはないといいます。

と言ったツイート内容です。

通常は、無償譲渡で土地建物がもらうことが出

もっとみる

【田舎で暮らす】TVを無くして良かったこと

こんにちは。吉岡大です。

僕は京都府北部の丹後という地域に住んでいます。建築士事務所を経営しながら、空き家活用や古民家再生リノベーションを行なっています。

田舎の山の中で、約築150年の古民家をリノベーションして暮らしています。自分ごとなのですが、引っ越しを機にTVを生活から無くしました。

今までは、家にいる間は、TVをつけっぱなし事が多く好きなバラエティーやドラマを毎日見ていました。

もっとみる
ありがとうございます!良ければフォローもお願いします!
13

【空き家活用】空き家バンクの実態 新しい情報が出てこない理由

こんにちは。吉岡大です。

僕はblueto建築士事務所という設計事務所を経営しながら、空き家活用、古民家再生、地域資源を活かしたリノベーションを行なっています。

地方の行政区域ごとに “空き家バンク” という制度があるのはご存知でしょうか?

地域内の空き家の情報を、行政が管理するインターネット上のホームページ上にまとめて掲載しているサイトのことです。

こちらが、京丹後市の空き家バンクです。

もっとみる
ありがとうございます!明日も楽しみしてください!
18

et sona の暮らし方改革 / 移住の記し no.10

この場所だ、という大きな「きっかけ」を、つかんだかも。

(no.7:移住を思い立ち、さてどうした? の続き)

あの日のことは、よく覚えている。
2017年6月19日。
初めて、カジくんに会った。

たまたま見つけた、というよりも、もう「ついに出会った!」という感覚さえある、ステキな谷あいのあの集落。あの場所がどういったところなのか?、あのあたりに空き家はないのか?、という気持ちばかりが先走るな

もっとみる

税金の季節~~~~~~~~~~~~~♪空き家・空き地バンクをグルグル見てみた

この時期になると固定資産税がやってくる~。1年分で5万ちょっと。それぞれ家によって、この税金の金額は全然違いますよね。。。。うちは安い方。

不動産ツナガリで~~~~、不動産を見るのが好き。

折込チラシ、フリーペーパーなど載っている見てしまう。ネットでも最近隅っこ広告出てくる~。たぶん私がチェックするからだろう~。県外のも出てきてたまにそこからグルグル見ていいな~と思う物件もある。

ふと空き家

もっとみる