風邪も完治したので、これからまたどんどん配信していこうと思います♪
【Takayo公式Twitter】https://twitter.com/Takayo_M24451
~今日の音声日記~
◎Twitterの使い方
◎学ぶ為に私が気を付けてやっていること
◎自分にプレッシャーをかけて行動させる
◎自分を知ってもらう努力をする
◎等価交換の意識を大事にする
◎ネットだけじゃなくリアルタイムな情報で学

もっとみる

新イベント“等価交換”の始まりと真意

サムネの写真を見てもさっぱり意味はわかりませんよね?

8月2日より新イベント“等価交換”がSRaSHにてスタートいたします!!

期間は8月31日までの一ヶ月間(予定)。
イベント内容とルールはこちら。

あなたが持っている物とSRaSHのサービスをシェアしましょう!というものです。
シェアという言葉を使うと分かりにくいかも知れませんので、敢えて言うなら物々交換っぽい感覚かな。

皆さんは数年前

もっとみる

1982_宝くじと多空くじ

1.宝くじ

①:ウィキペディアより引用です。

宝くじ(たからくじ)は、日本において当せん金付証票法に基づき発行される富くじである。

正式名称は「当せん金付証票」。なお、賞金付きの籤を購入する賭博一般を指す普通名詞は「宝くじ」ではなく「富くじ」が正式。

誰もが、買ったことはあろうかと思う宝くじ。1億円が当選しようもんなら何に使おうかと色々、妄想を膨らませたことでしょう。私も買ったことがありま

もっとみる

この時代に堂々と 等価交換宣言する店が現れた

等価交換 復活!

警察の目がとんでもなく厳しくなっているこの時期。理事長が交代したばかりの某県で、脱等価後に等価交換へ戻し、それを派手に宣伝するホールが現れました。

もっとみる

"等価交換"という価値観について

"等価交換"って言葉聞いたことありますか?

鋼の錬金術士で聞いたことあるかもしれませんね。「1もらったら1返す」それが等価交換。

"等しい"価値を交換すること。

今日は等価交換について考えてみましょう。

一般社会の等価交換

まず僕たちの生きてる世界は全くもって等価交換では成り立っていません。

そのために"おかね"が元来存在しています。

物やサービスに価値をつけて、その対価の交換として

もっとみる

僕の座右の銘は±0です

世の中、「絶対!」とか「間違いない!」とかいう人がいたりして、思わず耳を持って行かれてしまうのですが、冷静に考えると等価交換であって、何事もメリットとデメリットがあり、そのバランスをどう取るか、そして何を選択するかに尽きると思います。

その中の一つに、「等価交換するものとして”結果を得たければそれ相応の努力をしなければならない”」という話があると思いますが、これってシンプルなようで難しいなと思う

もっとみる

換金率の悪いホールを等価に変える方法

夏が近づいてきました。
外と車移動はクソ暑く、ホール内はクソ寒い(2つの意味で)時期ですね。

まあそんなしょーもない前置きはいいとして、さっそく本題に移りましょう。先に言っておきますが、屁理屈回です←

様々な換金率のホール

地域によっても、地域内においても、いろんな換金率のホールがあると思います。例えば

・50枚貸し→50枚交換=等価
・50枚貸し→53枚交換
・50枚貸し→55枚交換

もっとみる

コスパ至上主義、辞めました。

「コスパいいよ!」って言うとき、たいてい「安くていいもの」という言葉になると思いますが、世の中って等価交換だよな。。と改めて気づかされるnoteがありました。

僕自身が一時期「コスパよく生きていきましょう!」とか言っていたこともあり、「うわああああああ」と感じるところがあったので、決意表明も込めて思うところを書いていきます。

コスパの裏側にあるもの

個人的に先日僕的にすごく衝撃を受けたnot

もっとみる

キョロ充を卒業できない人に決定的に足りないモノ

「借りの哲学」を紹介

なぜキョロ充を卒業したい人はこの本を読むべきなのか

キョロ充が圧倒的に人間関係に恵まれないのは、「人間関係に損得勘定を持ち運んでいる」から。自分が傷つくこと、損することばかり考えているから、人同士の絆は深まらない。人気者ほど「持ちつ持たれつ」の規模が大きい。

要約
「等価交換」の価値観じゃなくて、「贈与交換」の価値観で生きよう。「損得勘定」の精神じゃなくて「困ったときは

もっとみる

エネルギーは等価交換じゃない

エネルギーは等価交換じゃない。
いや、厳密に言うと、きっと等価交換だと思う。
でも、今言われてるような、等価交換ではない。

『鋼の錬金術師』を読んでいて「等価交換」というワードが
たくさん出てきたので考えた。

「10」を渡して「10」を受け取る。
売買での基本だけれど
これだと「10」と「10」で釣り合ってしまい
何も生まれない。

これは感覚的なのだけれど
何かを渡すときに、同じものを渡すと

もっとみる