筋疲労

青少年アスリートにおける神経筋系のスポーツ傷害の最も重大なリスク因子(筋疲労、筋の活性化のタイミングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位、下肢の神経筋のバランス不足、不十分な筋スティフネス、姿勢の安定性の不足、固有感覚の変化、フィードフォワードコントロールがある)

青少年アスリートの傷害
青少年アスリートにおける神経筋系のスポーツ傷害の最も重大なリスク因子とは、筋疲労、筋の活性化のタイミングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位、下肢の神経筋のバランス不足、不十分な筋スティフネス、姿勢の安定性の不足、固有感覚の変化、フィードフォワードコントロール(事前予測による行動制御)になります。

最新のデータによると、米国では6~12歳の青少年のうち約82

もっとみる
ありがとうございます!

熱と水分補給と労作性熱痙攣(運動誘発性の筋疲労、体内の水分の損失、発汗によるナトリウムの多大な損失の3つの素因が筋痙攣にて観察される)

暑熱環境下はパフォーマンスの低下だけではなく、運動関連の筋痙攣(EAMC)、すなわち労作性熱痙攣とも関係があります。

EAMCは、長時間の激しい運動後に起こる骨格筋の疼痛性痙攣と定義されます。

熱痙攣の病因に関しては諸説ありますが、通常、以下の3つの素因が観察されます。

運動誘発性の筋疲労
体内の水分の損失
発汗によるナトリウムの多大な損失

汗に含まれる塩分(塩化ナトリウム:NaCl)

もっとみる
ありがとうございます!

肩こりはなぜ起こる?

腰痛や肩こりでお悩みの皆さんこんにちは、ネット治療院です。

今回は、多くの方が悩んでいる『肩こり』 について話していきたいと思います。

そこで、質問ですが
皆さんは、肩こりを感じたことはありますか??
      ↓↓

恐らく、『はい』と答えた方が多いのではないでしょうか。

今では、訴える症状として
女性:1位
男性:2位
になる程多い症状なのです。

これだけ多くの方が抱えている肩こりを

もっとみる
ブログ、Twitter、Facebookもやってます!
4