【詩No.17】 箱庭

私は人が好きだから
弱さにしがみつくことはできない
手荒く振りかざされたナルシシズムに焼けつくような憎しみを覚えても
あなたのこころが誰かに奪われても
どれだけ震えが止まらなくても

私の身体が馴染むものと
私のこころが渇望するものとが乖離して
すべてが始まったね

何を食べるかで私が決まるから
ただ白く、白くなりたくて
豆腐とうどんばかり食べた
何を見るかで私が決まるから
色を避けて
清潔な

もっとみる

興味のきざはしを探し、登る

きざはし、何かカッコいい言葉ですね。
ふっと響きを思い出して調べてみたら、「階段」の意味でした。

そうか階段かあ、と思いつつツイッターを眺めていたら、こちらのツイートがタイムラインに流れてきたのです。

見た瞬間に「ぶふっw」となりつつ、同時に気づきました。
ツイート主さんが「これは誰か見たら笑ってくれるんじゃないかな~」と思いながらHTMLをいじっていたのだろうこと。そして、私自身もそんな風に

もっとみる

【メディア掲載】著書を「箱庭 haconiwa」に紹介いただきました! やさしい視点で、デザイン入門書の特長を読めます📖✨

◎ 週末読みたい本『[新版]デザイナーになる! 伝えるレイアウト・色・文字の大切な基本と生かし方』→ https://www.haconiwa-mag.com/design/2019/06/designer/

テンキュー! アイム、ヒロトナガイ。メニーメニー、ハッピートゥゲザー!
19

クリエイターをつなぐプロジェクトhaconiwa creators、STORES.jpでオンラインストアを開設

最短2分で誰でも簡単にネットショップがつくれる「STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)」で、女子クリエイターのためのライフスタイルつくりWEBマガジン「haconiwa」が運営するプロジェクト「haconiwa creators」のオンラインストアを開設しました。

本ストアではクリエイターhaconiwa creatorsに所属するクリエイターと共に制作した作品を販売。今後、所属ク

もっとみる

大人の箱庭は、子どもの砂遊び?

河合隼雄・茂木健一郎さんの対談本、「こころと脳の対話」という本に、箱庭が出てくる。

砂の入った箱に(これが箱庭と呼ばれる)、自分の好きな動物なり木なりを入れて、自分の世界を作っていく。

不思議と、完成された箱庭が、自分の背景を意図するものだったりするから、興味深い。

保育士をやっていた頃、子どもがよく砂遊びしていたのを見ていた。

ある女の子は、家でお母さんがプリンを作ってくれる、自分はいつ

もっとみる

屋根裏芸術祭2019(台湾)

台湾・台中のギャラリー箱庭さんのイベントに参加します。うそつく初台湾進出🎊作品とグッズを展示・販売いたします。
日本イラストレーター15人+台湾イラストレーター5人の魅力溢れる企画。期間中、500元以上お買い上げ頂いた方には作家缶バッジのガチャガチャを回せます。数量限定なのでお早めにどうぞ♡ちなみにわたしは「おにぎり犬」です。
お近くの方・台湾へお越しの方はぜひお立ち寄りくださいませね。
 

もっとみる

ある日の箱庭〜サンクチュアリ〜

サンクチュアリはちょっと恥ずかしけど、聖域に見える笑

昨日オツトメのあとたまたま合流した人達とマクドナルドに行きました。
食べたかったビッグマックJr.セット。

その人達と個人的に食事するのは初めてだったから緊張を和らげるためとか距離感はかるために(対人恐怖😅)レシートで鶴を折り始めた私。高校生のときはよくそんな風にしてマックやモスで粘ってた。

するとほかの二人も予想外に鶴に食いついた。

もっとみる

他者への恐れと閉じたチームワーク

小さい頃の話、幼児期の髪型(パッツンなボブ)から、いかにも少年な刈り上げにするのが嫌だった。散髪を嫌がるその度に、親から「誰も見てないよ」と言われた。

仕事でも家事でも介護でも遊びでも、複数人が関わるチームワークがうまくいかない理由を考えているとき、このエピソードと心理状況を思い出したので、ここで少し書き出してみたい。

閉じた世界

「誰も見てないよ」

たぶんそう。髪を切ったところで、親が想

もっとみる

Good & Share 20190325

こんにちは、テルと言います。

このマガジンは、ぼくが「いいな」と思った記事をシェアすることで、次の誰かの良い気分につなぎたい、というバトンのようなものです。
これを読んでくださったあなたが、少しでも良い気分になれますように。

それでは今週のシェアです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
余白と距離感を意識する!〜箱庭が教える写真撮影のコツ100〜

<コメント>
写真をキレイに見せるコツが

もっとみる

全てのコンテンツが「箱庭」を目指すべき理由

「箱庭療法」という精神医療における治療法がある。どういう療法かというと、その名の通り箱庭を用意して、そこに家具や人形を配置してもらう、というものだ。平たくいうと「お人形遊び」である。お人形を遊びが、傷ついた心を癒やすのに大変効果があるのだ。そもそもはユングが提唱し、日本には河合隼雄さんが持ち込んだ。実際これで、癒やされている人は多いという。

近年、「遊び」が教育にはもちろん人間が生きていく上でも

もっとみる