経済ニュース

なぜ不正会計は見抜けないの?〜実例から見る巧妙さ〜

今日のテーマは粉飾決算です。ちなみに、粉飾決済と不正会計の違いはなんだと思いますか?それは、司法がどう判断するかが要であり、悪質性などの有無を実証可能かどうかが影響するようです。なので、メディアで不適切会計と記載されている案件は、その判別が難しいケースのようです。

そうした不適切会計や粉飾決算を見抜くために、ビジネスパーソンや投資家が抑えたいポイント、「日経CNBC 昼エク 崔真淑のサイ視点」で

もっとみる

意思決定とバイバーシティー〜集団の決め事に多様性マストな理由〜

こんにちは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。今回は、日経CNBC昼エクスプレス 崔真淑のサイ視点にゲストで来てくださった、30%Club副議長でBank of New York Mellon銀行の日本代表のダグラスハイマス氏との掛け合いで、番組で伝えきれなかったことを記していきます。

みなさまは、30%Clubをご存知ですか?日経ESGや各主要メディアでも取り上げられるなど最近注目のキャ

もっとみる

企業を選ぶように国を自由に選択する日は来るのか〜3つのトリレンマ〜

こんにちは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。今回は、私がずっと抱いていた漠然とした疑問について記していきます。

それはタイトルにあるように、「企業を選ぶように国を自由に選択する日は来るのか」とい疑問です。BBCの経済ニュースを視ていると、ダイジェストでも世界中のホットトピックが知ることができます。
ニュースの紹介コーナーでは重要なポイントを映像と一緒にポイントを強調してくれるので、ザ

もっとみる

日韓摩擦と日本経済〜観光客増減に影響する意外な要因〜

みなさま、こんにちは!エコノミストのさいますみです。おかげさまで、2冊目の著書「日常が学びに変わる 経済学の本」が刊行されました!また1冊目の著書である「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」も一万部を超えるなど、有難いです。本当にいつもありがとうございます!

今回は、日経CNBC「昼エクスプレス〜さいますみのサイ視点〜」での話を記載していきます。隣国との関係についてはセンシティブな出来事が多

もっとみる

MBAは役立つのかと聞かれたので、こう答えてみました〜学問と現場経験の両輪〜

みなさま、こんばんは。エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。おかげさまで、2冊目の著書「日常が学びに変わる 経済学の本」が刊行されました!また一冊目も一万部を超えて、今も読者さまからメッセージを頂いてます!皆様の支えに感謝です!

今回は、NewsPicksの人気番組「THE UPDATE 」に出演させて頂き、そこでの学びを記載していきます。このような貴重な機会を頂けたことに感謝です。をテーマは

もっとみる

なぜYahoo! と対立しているアスクル株価が上昇?〜2つの仮説〜

みなさま、こんにちは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。おかげさまで、初めての著書「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」に続いて、2冊目が観光されることになりました!8月初旬に「日常が学びに変わる経済学者の本」が発売されます。また、東証一部シーボン社での社外取締役業務、学術活動も励まさせて頂いてます。いつもありがとうございます!

今回は、学術分野で私の専門でもあるコーポレートファイナン

もっとみる

ドイツ銀は人事制度の教訓が盛り沢山?!〜業績連動報酬を経済の目線で〜

みなさま、こんばんは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。おかげさまで著書「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」は1万部達成、そして2冊目も刊行が決定!詳細は後日に。貴重な機会に感謝です。これも、みなさまの支えのおかげです。今回は、ドイツ銀行の経済ニュースを軸に、働き方や人事制度のインセンティブ設計を考えていきます。

*ドイツ銀行に何があった?

先日、ドイツ銀行に衝撃が走った経済ニュー

もっとみる