美容エッセイ

ブサイクとお肌雑感。

自分がどうにもブサイクな一日、
というのは実に疲れる。
ブサイクはストレス。
でも為すすべもなくブサイクな日というのが、私にはある。
あるというか、そんな日の方が多いのですが。

おそらく身体のだるさと繋がっていて、そうだ、睡眠はちゃんととろう。

髪と肌がその鍵を握っているのかもしれない。
今こうして書いていて、ブサイクだった土曜日を思い返してみて気づく。

逆に髪と肌さえ美しくキープしておけば

もっとみる

完璧な美しさを手に入れた先に失うもの

美しさは誰もが追い求める永遠のテーマ。

もっと綺麗になりたい、もっと美しくなりたい。

今よりももっと、もっとよくなりたい。美しさを前にすると、誰しもがその魅力に取り憑かれてしまう。

美の追求には終わりがない。求めようと思えばいくらでも求められる。

例えば顔の黄金比。顔のパーツは黄金比という比率に近ければ近いほど、人は美しいと感じると言われている。

しかし黄金比に近づくということは、無個性

もっとみる

星野源にみる他人の評価の流動性。

日本中の女子の心を鷲掴みにしている俳優の一人である、星野源。

塩顔男子の代表としてこれまでもコアなファンはいただろうが、逃げ恥効果によって、爆発的にモテ男子の仲間入りを果たした。

星野源は自身でもコンプレックスだったと言っているように、イケメンとはほど遠いルックスだ。

どちらかというとブサイクの部類に入るかもしれない。

でもそんな彼が、今や名だたるイケメンたちを差し置いて、心ときめく対象と

もっとみる

ディーンフジオカに学ぶ美肌の作り方。

言わずと知れた逆輸入俳優"ディーンフジオカ"。

彼は1985年生まれの35歳なのだが、同年代の俳優たちに比べて随分若々しい印象を受ける。

私は彼を若々しくさせている要因は、彼の肌にあると思っている。

彼はシミやシワのない、女性顔負けのつるんとした透明感のある肌を持っている。

では一体彼はどのようにして、その肌を手にいれたのか?

そのヒントは彼の食生活にある。

彼がテレビや雑誌で答えてい

もっとみる

肌は黒ずむことで、愛の枯渇を訴える。

念入りにボディークリームなどで肌をケアしている人でも、体の部分的なところに黒ずみを見つけることがあるだろう。

ひじ、ひざ、脇、指の関節、陰部などなど。

これらの部分は摩擦が多く、乾燥しやすい。また、意識が届きにくい部分でもある。

つまり他の部分よりもしっかりとケアしてあげないと、他の部分と同じレベルに保つことができないということだ。

愛の反対は無関心と言われている。

関心を示してあげなけ

もっとみる