キャスト版 会話の教科書

キャバクラ大学では、私が実際に店舗のキャストさんへ教えている内容を教科書にしています!

この教科書の内容をキャストさんへ教えている店舗さんは、僅か1%です!
たった1%の店舗さんだけが知る、キャバクラで稼ぐ稼ぎ方をわかりやすく簡単に教えています!

毎月100万円を稼ぐキャストさんと毎月30万円を稼ぐキャストさんとの差は、キャバクラで稼ぐ稼ぎ方を知っているか、知らないかの差だけです!

キャバク

もっとみる
いっすね!最高っすね!
3

8.10の稽古終わり

私から出る言葉をどうにか聞こうとしてくれる人もいる。とても有り難い。本当は話したい。私は話したい。だけど、自分の考えを口にした日の帰り道は必ず後悔と罪悪感と自己嫌悪。なんであんな事を人に話してしまったんだろう。

納得の行く言葉選びができなくて、考えがペラッペラの状態で伝わるなら伝えないほうがマシだと思ってしまう。真剣に受け止めてアドバイスをくださるのが申し訳ない…と思うことこそ、真剣に受け止めて

もっとみる
私もスキやでー!
6

つぶやきポエム 6

2019/07/28 14:09

when it is dark enough,
you can see the stars.

どんなに暗い場所でも、
君の瞳は輝いている。

雨が降ったら 虹をかけるよ
空の向こうに 星が見えるよ

月が笑うよ
僕は詠うよ

HONOKA SHIZUKU

#詩
#つぶやき
#言葉
#ポエム
#ひとりごと
#空
#自由詩
#雨
#ことば
#月
#星
#虹
#僕

もっとみる

見えなくしちゃうと 想像してくれるね
見えるようにすると 見えちゃうね

ねえ どっちが好き?

見えない方がドキドキする?
見えてる方がドキドキする?

ふふふっ

どっちの わたしも 愛してね
どっちの あなたも 愛してる

ほのかも しずくも 一緒だよ

*ほのか しずく*

ビジネスプレゼンテーションステップ1.ゴールと目的を明確にする

ビジネスプレゼンテーション7つのステップの概要はこちら

ビジネスプレゼンテーションにおいて、聞き手の「興味が湧かない」、「自分にとって意味があると思えない」、「結局何をすれば良いのか分からないといったネガティブは、話し手の「緊張する」、「スライドつくりに時間がかかる」、「何を伝えれば良いか分からないから、相手が動いてくれない」といったネガティブが作り出している。

ビジネスプレゼンテーションを7

もっとみる
心を込めて♪

突然のイベント発生?!💫

コーラスの演目が全て終わり、
コーラスメンバーの代表者が1歩前に出て
謝辞を述べていました(^^*)

その後先生に感謝の花束が贈呈され
拍手喝采のもと全員が舞台を
ゆっくりと下がりました✳️

ココでお開きかと思っていた
私でしたが、お話がもう少し続きます💮
それは会場のお客さん達による

盛大なアンコールのコールでした!

そのコールは会場に轟き、
彼らの熱い想いに乗って再び
コーラスメンバ

もっとみる
今日も良いことありますように☆🐈
30

読み聞かせ

図書館でアルバイトをしていた頃、幼児向けの「おはなし会」なるものがあった。エプロンシアターやマペット、紙芝居に絵本、いつかそれらを披露することがものすごく楽しみだったわたし
「おかあさんといっしょ」のお姉さんのように、笑顔でできる自信があった
でも、当時の若いわたしは「恥ずかしさ」に負け、さんざんな結果だったのです。嫌いじゃない作業だったから絶対にうまくできる自信があったのに!

なのに結果はお粗

もっとみる
嬉しいです(*^-^*) あなたにいいことありますように
12

さわがしい4人組。

最近は、リポートっぽいというか、

自分の声が少ない投稿が続いていたので、

アートともnoteとも、無関係ではない

自分とお付き合いの長い、
お絵描きなどの表現活動について
のっぺり書いてみました

①僕が『表現』に出逢った時

僕が絵に出逢ったとハッキリ言えるのは
小学2年の終わり頃のこと。

もとから、
自分の意見を表に出すのが苦手でしたが、

こう見えて、

野球好きな父の影響で、
球場

もっとみる
目を留めていただき、嬉しいです…ありがとうございます!
2
00:00 | 00:30

橋本歩と椿田竜児がおはなしをするレイディオです。

橋本歩は何もやっていない人です。
椿田竜児は音楽をやっている人です。

まだまだ寒い日が続いております。食材の保管に不安を感じている皆さん、真空パックされた無職のレイディオを聴いてみませんか?クズを踏み台にして、明日の活力にしてほしいと切に願っています。

さて、今週のレイディオは
走る人
について話しました。

あなたの書くと、わたしの書くは

キッチンタイマーさんの「架空の聞き手を心に住ませる」を読んでいて、ふと思った。

そういえば聞き手を想定して書く…ということはしたことがないかもしれない。 自分にとって書くことというのは、話し手になるというより聞き手になっている感覚に近いからだろうか?
 
"書きたい"の種をみつけたら、まず頭の中でそれに纏わるお喋りが始まる。考えや感覚がまだ曖昧な部分では声が止むので、立ち止まってもっと深い

もっとみる
スキをした あなたにスキと 返したい
27