腹の底

「腹の底の信念とは切り離してプロトコル合わせができる相手である」という「信頼」

我々が、多様性と普遍性を併せ持つ「競技場」(それは時にはマーケットであり、時には外交交渉の場だったりします)でプレーするには、ローカルルールではなく、その時支配的なゲームのルール(=グローバルルール)に従わざるを得ません。それはもう、ナショナリズムとかパトリオティズムとかそういったものを超えて、普遍的真理でさえもなく、「デファクトスタンダードに基づいたプロトコル合わせ」だと冷徹に割り切るしかないと

もっとみる