臓器移植

臓器 and 細胞組織移植の意思

いつもスキ♡やマガジンへの追加ありがとうございます。嬉しいです😇

さて、免許のカードが届くとともに臓器移植の意思を聞かれるペーパーが入ってました。免許センターで保留したんだよね。

「あなたが臓器提供が必要になったら、提供を受けますか?もしそうだったらあなたも命を守るために登録しましょう。」

相変わらず上手な文章だなー。
カナダでそうゆう状況になるイメージがわかないのでなかなか考えて決められ

もっとみる

人間の臓器を持つ動物・誕生へ(IPS細胞)

東京大の中内啓光特任教授らが計画しているiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、動物の体内で人の膵臓(すいぞう)を作る国内初の基礎研究について、文部科学省の専門委員会は7月24日、実施を了承した。

 人間と動物の集合胚を子宮に戻して動物を誕生させる研究が、今年3月から解禁されたことによる画期的な基礎研究のスタートですね。

 ただし、人のiPS細胞を含んだ受精卵を子宮に戻すことが認められたのはマ

もっとみる

2019年第30号 7/24発行 永江一石の「何でも質問&回答」note版 新規事業を始める前にどのように市場調査をするか

このnoteは108円ですが、1年分がパックになったマガジンだと約1,600円お得でオススメです。

     \\ ご購入はこちら //

☆今週の目次☆

1 うつ病とパニック障害のニートが働きやすい環境とは

2 日本の高額な医療費募金についての考察

3 軽度のADHDのためやる気が出ない場合はどうするか

4 新規事業を始める前にどのように市場調査をするか

5 全く取引のない大手企業に

もっとみる

肺 lung

もしカナディアンはとってもナイスだって言うなら、なんで死んでしまった後に完璧な肺を(お墓に)持ってちゃうの?

免許センターに肺の絵とともに貼ってあるポスター。

免許更新や州超えての引っ越しの際、つまり新しいカードを発行する際、臓器移植の意思を聞かれます。私は急に聞かれて考えさせてと言って保留を選択しました、というか保留できました。日本でも聞かれるんだっけな?確か意思表示カードがコンビニにあった

もっとみる

“海外で臓器移植手術を受けること”の是非

こんな記事を見かけました。

 やれ収益化だWordPressだオンラインサロンだ、なんて言っている場合ではない。もっと広い世界に目を向けなければ……。

 YMYLに関わってくる分野なので記事にできないこともあり、消耗界隈の人たち(傍観者含む)はダンマリでしょうけど。

#ZOZO #前澤社長 #臓器移植 #心臓病男児支援 #坂上忍 #批評 #批判

もっとみる

責任ってどこまで取るの?って、そりゃあ最後まで。

この仕事してるとたまに「途中で辞めたりしませんか?」って聞かれることがあります。
だって離職率ハンパない世界だし、そもそも金融業界って自分の儲けが最優先な人が多そうだしそう思うよねえ。。とはよく思いますが、結論を言うと、「別の仕事もやると思うけど、死ぬまで関わります」と答えてますし、そうでなければやってる意味ないです。

もちろん、家族でどう幸せに生きるか、という視点が根本にはあるんですが、、

もっとみる

『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開⑤ きょうだいの待つ自宅へ

我が子・優司の命を救う唯一の手段は「肝臓移植」のみでした。生体肝移植手術のその後です(『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開④ 生体肝移植手術前夜、忘れられない夜より)。

手術は10時間にも及びましたが、幸いにも無事に成功し、優司は一命をとりとめます。

私は全身がものすごい術後の痛みで、数日は立ち上がることもできませんでした。でも、点滴を引きずりな

もっとみる

『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開④ 生体肝移植手術前夜、忘れられない夜

我が子・優司の命を救う唯一の手段は「肝臓移植」のみである』―という事実を、入院した国立成育医療研究センターで告げられ、母親として生体肝移植のドナーとなることを、選びます(『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開③ 立ちはだかった、小児生体肝移植の現実より)。

移植手術を待つ間、私の心のなかでは『夫に悲しい思いをさせたくない』という思いが引っかかり、何度

もっとみる

聖母幼稚園の母の会で本を紹介して貰いました

今日は、広島に行ってきました。母校の聖母幼稚園の母の会で恩師である先生に本を紹介して貰いました。

子を思う親の気持ち、ありのままの子供を愛する気持ちをお母様方に伝えて頂きました。

ただの闘病記ではありません。
手に取るのが辛いような気持ちになるかもしれませんが、この本はお母様方を応援するそんなパワーと愛に溢れた本です!

『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開③ 立ちはだかった、小児生体肝移植の現実

我が子のうんちが白い原因や病名などは不明なまま。そして、やっとはっきりとしたことがわかったのは3月も半ばになった頃、『生まれてからたった3カ月の間に、優司の肝臓はほとんどその機能を失ってしまい、体全体が危機的状況にあること。そして命を救う唯一の手段は「肝臓移植」のみである』―という事実を、入院した国立成育医療研究センターで告げられました(『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑

もっとみる