iOS向け音楽ゲーム "WAVEAT" を1人で開発した話

Twitterで"WAVEAT"のことについて何を書こうかアンケートを取ったところ、プログラミングについての話を聞きたい人が多数だったので、書いてみまっす。
(といいつつ言うほどプログラミングではないかもしれない…)

この記事で話すこと:
- 画面のデザイン工程
- 開発上で気がついたこと
- 個人でゲームを開発するということ

自分が個人で感じたことを書くだけですので、一例として受け取っていた

もっとみる

第11回ウディコンに『グレンの七日間』で応募します

突然ですがウディタでゲームを作っていまして一週間後のウディコンに応募しようと思っています。タイトルは『グレンの七日間』です。とある村が舞台の割とオーソドックスな感じのRPGです。そもそもちゃんと応募できるのか不安ですがやってみます。自分で作ってみて、今までやってきたフリーゲームは本当に面白い作品ばかりだったんだなとしみじみ思います。

□問い合わせフォーム
□『グレンの七日間』についての記事一覧(

もっとみる

シンプルなブラウザゲーム(スマホ対応) を公開中 - スキマ時間の暇つぶしに♪

シンプルな自作ブラウザゲームを無料公開しています。

ブラウザゲームなので、もちろんダウンロード不要。

さらに、「1プレイ数分」×「数十ステージ」という構成なので、気分転換や スキマ時間の暇つぶしに最適です。

・集中力が切れた時
・昼食後の眠たい時間帯
・移動中の暇つぶし
・納期(締切り)が迫っている時の現実逃避

などなどに、私自身 重宝しています(笑)
興味のある方は、ぜひプレイしてみてく

もっとみる

【何故、わたしは創作を始めたのか? ~カードゲーム制作者になった理由~ 】

自作カードゲーム【クロス・ユニバース】の製作者、"えすぺら"です。

自己紹介も兼ねて、今回はわたしがカードゲーム制作を始めたキッカケを簡単に書いていきます。

1.始まり

2016年4月、わたしはある映画を見て衝撃を受けました。

その映画は『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』。

原作『遊☆戯☆王』の続きと聞いて、予てより楽しみにしていた映画でした。

制作

もっとみる

イラストは、ダサくなかったらOK

自作カードゲーム クロス・ユニバースを作っているバーテンです。

イラストを描ける人は羨ましいですねw
私は全然かけませんが、画像の編集だけはある程度できます
このイラストもマウスで編集を行って、カードイラストを1枚錬成しました。

作るときに、気を付けていることは
「ダサくなかったらOK」
カードのイラストを作っていて思うのは、塗りの技術より構図の方が重要
上記のイラストも、【鎖】【カード】【背

もっとみる

ウディタでHP・SP・レベルゲージの色を変える方法

ゲージというかバーというか、なんていうのかわかんないけど、あれの変え方。変えるだけで随分印象が変わるはずです。

1.コモンイベントエディタを開く。

2.上のほうにある「検索」を押す。

3.検索する範囲を「全てのイベント」にし、検索欄で検索する。HPゲージならGRADX-999-274、SPゲージならGRADX-999-247、レベルゲージならGRADX-999-742

4.出てきた箇所の数

もっとみる

ルールが分かりにくい

自作カートゲーム、クロス・ユニバースを作っているバーテンです。
自作ボードゲームや自作カードゲームを作る場合、頭を悩ます一つが

「ルールをいかにわかりやすく説明するか」である

当たり前だが、自分たちはゲームを完全に理解しているが、
新たに誰かに教える場合、
さらに言えば、目の前で口頭で説明するわけではなく
「説明書」などの文章で説明する場合
相当の工夫が必要となる。

実際、友人に「ゲームルー

もっとみる

【冷やしzip】ヨーヨーの動画に感想を言うアプリケーション簡易体験版ver1.1【2019/04/08~ver1.12】

好きなバーチャルユーチューバーは馬越健太郎です。滝谷トニーです。
高校時代「マンハッタン在住の日本の文化に興味がある女子高生」を装ってツイッターをやっていたことがあるのですが、いきなり日本人の知らないアカウントから「日本語お上手ですね!」とリプライが来たので「いっぱい ありがとう!(veryを上手く訳せない風)」と返信したのを唐突に思い出しました。毎日マンハッタンの天気を調べるのが面倒くさかったで

もっとみる

自作ゲームのホームページ ここだけは負けない!

どうも、自作カードゲーム クロス・ユニバースを制作しているバーテンです。

皆さん、プログラミングは出来ますか?私は出来ません(きっぱり)

ただ、最低限のhtmlは出来ますが、本当に最低限のレベルです。

色々なゲームのホームページを見かけますが、本当にプロの方はすごいですね。どれを見てもカッコイイですからね!

っで、私も作ろうとしましたが、1分で諦めました(爆)

実際作ろうとしたら、何から

もっとみる