船井総研ロジ

提案制度の効用

「提案制度を導入したが、”提案”ではなく、”要望”を出してくる人が多くて、困っている」という経営トップの嘆きを、聴くことがあります。

要望とは、客体的で、定量的効果が見込めない事項です。

要望は、ワガママと紙一重のケースが多いため、経営トップが嘆く気持ちは、よく解かります。

しかし、マクロに視ると、提案だけではなく、要望もどんどん出してもらった方が、よいでしょう。

なぜなら、たとえワガママ

もっとみる

パワハラの定義

どのような言動が、パワハラになるのか?

旧来のマネジメントで育てられてきた世代には、判断が難しいケースがあるでしょう。

これには、ある県の教育委員会の幹部と高校の校長に向けての講演で、立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明氏が話した内容に、ヒントがあります。

皆さんの学校に校則があるでしょう。それを1条ずつ読んでください。そして、生徒がどんな屁理屈を言ってきても、自信を持って、『君ら

もっとみる

業績アップのための叱り方

ひみつきちJ代表の北岡秀紀氏は、「業績アップのための叱り方が
ある。そのポイントはたったひとつだ」と説きます。

それは、『”できない”と”やらない”を明確に区別すること』です。

やらないときだけ、叱るのです。

”やらない”のは、怠けているということです。

それは、自分のせいなので、ダメです。

しかし、”できない”のは、能力が足りないなど、何か問題があるからです。

その場合は、叱っている

もっとみる

超優秀な中途社員が求めるもの

超即戦力の優秀な中途社員を惹き付けるためには、何が必要でしょうか?

彼らには、金銭的報酬以上に、求めているものがあります。

それらは、以下のようなものでしょう。

①やりがいのある大きなミッション(使命)
②自由の保証
③最高レベルの道具
④快適な職場環境
⑤トップ層とのダイレクトコミュニケーション

そして、⑥納得のいく金銭的報酬です。

グローバル化とは

ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏は、訪日観光客が増えていることによって、日本人が、「日本はグローバル化している」と勘違いしていると説きます。

なぜ、それが勘違いなのか?

それは、真のグローバル化とは、『外国人と一緒に仕事をすること』だからです。

たしかに、観光のような非日常的体験ではなく、日常の仕事や生活を一緒にしてこそ、それぞれは混ざったと言えます。

なお、柳井会長は、世界の人

もっとみる

労働事件の起こりやすい組織

意外にも、ワンマン社長の会社では、労働事件はあまり起きないそうです。

例えば、残業代の未払い分の請求の訴えについても、その多くは、トップのカリスマ性で社員を掌握するのではなく、体制やシステムの整った企業で起きているとのことです。

また、業績のよくない企業では起きにくいという特徴もあります。

つまり、リスクが高いのは、やり手の2代目、3代目社長の企業です。

対策が重要です。

会議効率化の手順

働き方改革のひとつとして、会議体系の改善に取り組んでいる企業は、多いでしょう。

この検討を進めるにあたっては、改善の4原則『ECRS』が役に立ちます。

ECRSとは、Eliminate(排除)、Combine(結合)、Rearrange(代替)、Simplify(簡素化)の頭文字を並べたものです。

例えば、
Eliminate(排除):無意味な会議をなくす、資料をなくす、議事録をなくす…
C

もっとみる

自己陶酔は観たくない

広告を制作する際に、最も重要なポイントは、相手が知りたいことを伝えることです。

しかし、広告主は、得てして”相手が知りたいこと”ではなく、”自分が知らせたいこと”を発信してしまうものです。

映画監督の市川崑氏は、かつて「映画監督にとって一番大切なことは何ですか?」という質問に対して、次のように答えたそうです。

自分自身が長く観たいシーンをバッサリと切ること。

監督は、自分が撮ったシーンは、

もっとみる

精神力を見抜く

リゾート会員権を販売している営業担当者数百名を対象にした、ある研究によって、精神力の強い社員ほど、離職が少ないことが判りました。

ここで言う”精神力”とは、”やり抜く力”です。

つまり、精神力の弱い社員は、目標達成を容易に諦めてしまい、今の環境から逃げてしまうのです。

このような悲劇を生まないためには、採用の判断のときに、対象者の精神力の強さを見極めることが、重要でしょう。

ただし、これは

もっとみる

出来の悪い曲は救えない

世界一うまい歌手にも、出来の悪い曲は救えない。それを私は50年前に学んだ。曲自体がよくなければ、どんなに飾り立てても救いようがない。

音楽界の重鎮、クインシー・ジョーンズ氏の言葉(from NEW YORK MAGAZINE)です。

マーケティングの観点で換言すると、「最重要は商品力」だということになるでしょう。

世界一の営業担当者にも、出来の悪い商品は救えません。

世界一の販促担当者にも

もっとみる
ありがとうございます!明日もよろしくお願いしますm(_ _)m
7