蝉羽月

6月は水無月。梅雨明けを迎えれば嘘のようにカンカン照り、水が枯れ果てる常夏の月。

いまはもうその6月はとうの彼方、8月もあっという間に過ぎ去って、9月の頭が見えてきている頃合いですが、下書きにしたままほったらかしにしておいたものをせっかくだから書きあげてやろうと、夜中に筆をとりました。

筆をとりました、といっても、実際はまぶしい液晶画面とにらめっこしているのですけどね。

それはともかく。

もっとみる
あなたの心に残りますように。
8