裏コード

クラシックの文脈における裏コード(sub-chords)

ポピュラー音楽でいう「裏コード」sub-chord というのはトライトーン(増4度=減5度)離れたドミナント7thコードのことであり、II-V進行において、Vを裏コードで置き換えることができる。たとえば、

Em7 A7 Dm7  G7 C というコード進行の場合、A7とG7を裏コードに入れ替えれば、

Em7 Eb7 Dm7 Db7 C となり、バスは半音ずつ下がってくるラインを形成する。

 

もっとみる