読書の腕前

読書について考えてみた #2 ~読書本を紡ぎながら~

読書本とは

読書に関する本のことです。私が勝手に定義しているだけです笑

読書本の2つの系統

最近読書本を読み漁っているところですが、どうやらそれらは大きく分けて論考系と技法系の2系統に分類できることがわかってきました。

1. 論考系
読書とはこうあるべきと定義付けたり、読書のあり方等を論評するもの。

読書に関して、その価値や性質について論じているものです。そして、この論考系はさらに帰納的

もっとみる