【テーマ別書籍紹介】"ただただ"知的好奇心をくすぐられたい人向け 7冊

■概要

次に読む本をどのように普段、探しているだろうか。

書店をぶらぶらしながら本を探す、尊敬する友人からお薦めの書籍を
聞いてみる、ネットサーフィンをしながら、次に読む本を探してみる。

「次に読む本を探す方法」は、幾通りもある。
だが、いつも行くような同じ書店、同じような人が紹介する書籍を手に取ると、自然と読む書籍の系統が偏ってしまうことはないだろうか。

・読書するカテゴリーがマンネリ化

もっとみる
ありがとうございます。是非フォローいただけると幸いです。
243

2018年度版イラスト本読書バトン(構図・背景・英語もあるよ)編

2018年度版イラスト本読書バトン構図・背景編としましてはこちらはあまりないというか、いわゆるバースとか設計図面的なこととなるとこの分野はコンピューターに置き換わると思います。実際どうですか?考えてみて?

背景画で有名な人というか背景だけで人を魅いらせれる絵を描かれてる方って男鹿和雄さんや山本二三さんあたりまでがアナログで描かれていて近頃見る漫画・アニメなどはプログラミングになってると思います。

もっとみる

2018年度版イラスト本読書バトン(人体構図編)

さて #読書バトン で少し話題になりましたイラスト本に関してですが「うーん、あれから1年たったしそろそろまとめようかな」と思い2018年度版として読んでみて参考になったもの・模写しながら理解したものとして2冊のnoteに分けてまとめたいと思います。

まずこちらファンでもあり「この本はアナログ・鉛筆で描く人にとってとても示唆のある本だな」というところで

イラストノートの窪ノ内栄策先生の特集号です

もっとみる

プランニングにゃろ【まとめ/小説/掲示板】さん
《にゃろにゃろにゃろーん!創作バトンがやってきた!》
https://note.mu/nyaro/n/nbae3fb6b504c

【テーマ別書籍紹介】 認知バイアスの事例を学び、 対策できる本 6冊

▽認知バイアスとは

みなさんは、「認知バイアス」という言葉を知っているだろうか。

認知バイアスとは、認知心理学や社会心理学での様々な観察者効果の一種であり、非常に基本的な統計学的な誤り、社会的帰属の誤り、記憶の誤り(虚偽記憶)など人間が犯しやすい問題である。

日常の中で誰にでも、認知バイアスは作用するし、
意識的に注意をしなければ、認知バイアスにより判断を誤る事も多い。

例えば、「人間はあ

もっとみる
ありがとうございます。是非フォローいただけると幸いです。
18

読書リスト3『雪を作る話』と、天ぷらの語源。

2017年初夏のころロンドンにいた。日曜日だったけど仕事が残っていた。午後三時まえ、中庭が見えるバーカウンターに席を取った。曇ったり日が差したりする、空の深呼吸を眺める。晴れ間はまさに呼気という感じで、徐々に強まる光を受けるたび、水面や菖蒲、苔が生き生きする。

photo by Kotaro Watanabe

何冊かのうちのひとつに、中谷宇吉郎の随筆を携えてきた。雪の結晶の研究で知られる中

もっとみる
スキ、嬉しいです。たくさんの「誤読」が重なりますように。
18

UXを学びはじめた初心者が勉強する上で参考になった3冊#読書バトン

深津さんがはじめた読書バトンが様々な方に渡り、多くの方がおススメの本を書かれています。本来は誰かからバトンを渡された上で記事を書くのですが、勝手に始めてみようと思います。
選んだテーマは「UX初心者が勉強する上で参考になった本」です。

一人から始めるユーザーエクスペリエンス

現在UXやデザインの文化を組織に導入しようとしています。
そんな自分にとってはこの本の内容がとても参考になりました。

もっとみる

印象に残っている本 #読書バトン

はじめましてこんにちは。
スダと言います。初noteです。

デジタル領域のデザイン会社で、プロジェクトマネージャー(見習い)をしています。その前は、AIスタートアップのビジュアルデザイナーでした。

さて、#読書バトン
というのを見かけて、自分でも書いてみたいと思ったので、今まで読んできた本の中で、強く印象に残っている本を紹介したいと思います。

では早速。

生物学
『 生物から見た世界 』

もっとみる

より道をしたい時におすすめの5冊+おまけ2冊

みなさまこんにちは、 @ryo_pan です。普段はSTANDARDで主にデザイナーをしています。最近は よりデザイン という個人屋号でも活動を始めました。
あ、あと写真とかカメラのサイトもあります。

ちなみにSTANDARDには本にまつわるメディアもあります(いちおう現在形……)

バトンが回ってきたぞ!

goandoさんからまさかのバトン指名……「めちゃくちゃ本を読んでそう」とご紹介を頂き

もっとみる

あなたが今年印象に残った一冊は?ライティングを学ぶsentenceメンバーが選んだ「 #今年の一冊 」20選

12月中旬、ライティングコミュニティsentenceでは忘年会を開催しました。その時のテーマが、「 #今年の一冊 」を持ち寄り紹介すること。一冊に絞りきれないメンバーもいる中で、このテーマだけで3時間が過ぎるほど盛り上がりました。

せっかくなので、sentenceメンバーの「 #今年の一冊 」をテキストにまとめ、noteで紹介させてもらいます!

sentenceを運営する編集デザインファーム「

もっとみる