読書感想コラム

自分を変えたいと思ったら、読んでみるといいかも

原田マハ「インディペンデンス・デイ」を読んだ。
題名の「インディペンデンス・デイ」とは、独立記念日と訳されている。

手に取った理由は、単純。
Amazon Kindleで、読み放題対象となっていたからだ。
とりあえずダウンロードしておこうという、軽い気持ちで読んでみた。

目次をみると、日本語の題に英訳がついている。(1作品だけイタリア語)

「いろはに、こんぺいとう」は、A Piece of

もっとみる

寺山修司『身毒丸』―疑似母子のすれ違いが生んだ悲劇― ※ネタバレ注意

『身毒丸』というド変態演劇を知っていますか

会社で仕事をしているとき、私は必ず作業用BGMをかけている。
youtubeを開いて、耳にイヤホンをねじこみ、だいたい爆音で音楽を流しながら、記事を書いたり、編集作業をしたりしている。

なんらかの作業中にBGMをかけて雑音をシャットアウトしたり、集中スイッチを入れたりする人は珍しくないと思う。
これを聞いたら、一気に作業集中のブーストがかかる・テンシ

もっとみる

本当に「すべての女性にはレズ風俗が必要」なのか?(後編)

「さびしすぎなくても行ってみたい、レズ風俗ってこんなところ!」イベント情報のおさらい

前編・中編は文字をクリックすると読めます。

さて、「締め」となるこの記事では、以下のことを書いていく。

①「さびしすぎなくても行ってみたい、レズ風俗ってこんなところ!」『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)刊行記念イベントのトピックを紹介

②「本当にすべての女性にはレズ風俗が

もっとみる

本当に「すべての女性にはレズ風俗が必要」なのか?(中編)

前編はこちらから↓

ウキウキ・ワクワク気分で、いざ!レズ風俗の世界へ

朝10時に起きてすぐに店に電話をし、Kちゃんというキャストを指名した。予約は、夕方ごろに入れた。

レズビアンの世界に足を踏み入れるのははじめてだったので、どんなファッションがウケるのか全く分からなかったものの、精一杯のおしゃれをし、化粧もばっちり決めた。

予約まであと○時間・・・。
あ、あと△時間になった・・・。
そんな

もっとみる

本当に「すべての女性にはレズ風俗が必要」なのか?(前編)

行くっきゃなかった本屋B&B主催イベント・「さびしすぎなくても行ってみたい、レズ風俗ってこんなところ!」

3月13日(火)、定時を迎えた瞬間、大慌てで職場を飛び出し、下北沢にある本屋B&Bという書店に向かった。
毎日何かしらのイベントが開催されるその書店で、件(くだん)の日に開かれたのは、「レズ風俗」がテーマのトークショーだった。

イベントのタイトルは、

「さびしすぎなくても行ってみたい、レ

もっとみる

カート・ヴォネガット 『人みな眠りて』

★★★★★+♥

 ヴォネガットの未発表作品を集めた短篇集。1950年代に書かれたものなので、まだ作家としての地位を確立する前のものです。没後10年目にしておそらく最後の著作となるでしょう。蔵出しの1冊です。

 ヴォネガットは自分のお父さんに「おまえの本には悪人が出てこなかったなあ」と言われたそうですが、たしかにヴォネガットの小説には真の悪人というべき人は出てきていない気がします。すべての作品

もっとみる

アリス・マンロー 『ジュリエット』

★★★★★

 2004年、アリス・マンローが73歳のときに刊行された短篇集。翻訳版は2016年。原題は『Runaway(家出)』ですが、映画化された連作短篇に倣って『ジュリエット』にしたそうです(映画のタイトルは『ジュリエッタ』)。

 アリス・マンローの小説がいまひとつ好きではないという友人が、その理由として、なんとなく話がぼんやりしているから、と言っていました。
 なるほど。そう言う気持ちも

もっとみる

見せびらかすにはワケがある、と云うお話。

ランボルギーニやフェラーリといった、富裕層向けのクルマを専門に扱う雑誌の編集長を務めていた頃、雑誌の巻頭にコラムを執筆していました。
 あるとき、そのコラムに「スーパーカーを所有したくなる人の心理」というテーマで書いてみようと思ったことがあります。しかし、このテーマの論旨をノートに展開していく段階で、「これはまずいな」ということになりました。つまり、こういうわけです。スーパーカーを購入するような読

もっとみる

理解できない事って、やっぱり絶対にある、と云うお話。

哲学的なことに目覚めたのは、小学1年生のときのお別れ遠足の帰路。そのときの記憶はまたの機会に譲るとして、それからいろいろ、思索するようになりました。小学高学年の時、「この世の中で絶対的なものって、なんだろ? そんなものって、あるの?」と考えはじめました。それは、愛? 宗教? それとも金?
 数日間考えた挙げ句、逆説的にこんな仮説をひとつ立ててみました。
「絶対的なものは、この世に〈絶対〉にない」

もっとみる