不採用理由のウソホント

先日、10数年ぶりに採用面接を受けました。人前で緊張するタイプではなのてすがこの時ばかりは口がカラカラになりました。

今回の転職活動で初めての面接だったのでかなり時間をかけて準備しました。自己PRに経歴紹介、転職理由に志望動機。企業研究して質問も考える。

平日は仕事、土日は子供のこともあるので時間を捻出するのに苦労しました。季節が季節なので背広にネクタイも大変です。

実際の面接は割りと好感触

もっとみる

みんな「自分の好きなこと」が分からない世の中。双子座ver

双子座さんは、

「言葉」や「活字」

に、もんのすごく興味を持っています。

「言葉でのコミュニケーション」「言葉という情報交換ツール」

とにかく言葉が大好きなんです。

本人になぜと聞いても答えられないんだけど、なぜか好き。

どの星座も、必ずそういった“根拠のない好き”を持っています^^

12星座のうちで「海外」に縁があるのが

<射手座>と<双子座>

<射手座>というのは、「外の世界

もっとみる

【知識はあくまで第一ステップ】

なんだかんだで
知識はあったほうがいい。

知識がないと
取り組めないことは山ほどある。

知識が無いせいで
逮捕されることだってある。

知識があれば
全体像が把握できる。

やっぱり知識は大事。

知識を蓄えている人は
物知りだから話していて面白い。

多分モテるだろう。

知識を蓄えるだけなら
一生懸命勉強すればいい。

ひたすら情報をインプットすれば
自然と知識量は豊富にな

もっとみる

聞いた話。

どこぞの組織でも人事の話は色々あるようですね。
我が組織でも、なんだかなぁって話は聞こえてきます。

基本、偉い人は能力が高いから偉くなってきたわけで、そこを忘れちゃいけないんですが、それ以上に酷い話が聞こえてくると、能力以上に人格を疑うことにもなってきます。

大組織には多いのかもしれませんが、派閥的な仲間内で周りを固められちゃうと、もうダメですね。

気持ちの面やモチベーション的な面でも。

もっとみる

失敗する採用4つのポイント

採用したのはいいけれど、活躍しない人

私がcareercreatorとして、企業の経営者の方や人事担当者と話をすることが多くあります。

その中でも最近困っている事態が起きています。

採用をしたのはいいけれど、活躍をしない人だったというケースが多くなっています。

なぜこういうことがあるのかということを今回はお話をしていきましょう。

なぜこういうことが起きてしまうのかということを考えてみると

もっとみる

スカウトをもらったら嬉しいのかと思ってた

同じ想いの人がいたら繋がりたい。と思って、書いてみる。

社会人12年。転職は3回考えた。

東京に出てきて早12年。人生の1/3は社会人生活なんだなー。
わたしはちょっと変わった会社に勤めていて、何の為に働くのか、とか、自分の人生どう生きるのか、とか、そういう類のことを真剣に語り合う仲間たちと一緒に、なんでもオープンに語れる環境で働いている。

社会人生活の中で成長したことと言えば、業務スキルは

もっとみる

『Destructive creation』vol.94

2019年7月17日 発行

インターネットの発達やスマホの普及によって、個人が世界中の重要な情報に容易にアクセスできる時代になりました。
物理的にも、格安航空機の登場で渡航費が下がる一方だし、円安が続いている。もはや私たちを日本にとどめる障壁は確実になくなりつつあります。
限りない可能性と、それを実現させる手段はすぐ目の前に開かれていますが、それでも私たちを日本に押しとどめるものがあるとすれば、

もっとみる

「エグゼグティヴ」の転職エージェント

「エグゼグティヴ」と呼ばれる中核人材は、私と同世代、ロスジェネ世代の前後が中心です。年収は600万程度から2000万近くまで幅はありますが、皆さんはそれなりの規模の企業の中で、上のポジションに就かれていました。当然、求人企業も「エグゼグティヴ」には、それなりの経験や知識など高いハードルを求めてきますから、それなりのレベルと思われる方にお声かけしますので、必然的にそうなります。実際、履歴書や職歴書を

もっとみる

英語で会話すると「あぁ〜はぁ〜ん?」と言いたくなる人の心理。の話。

私自身、

あまり英語がイケる口では無いのですが、

まぁ普通に海外の相手とビジネスの場で打ち合わせをしたり、

各国大使と公的な場で問題なく意思疎通する、

程度の英語力(というか英会話力)はあります。

これは「英語を使う仕事」を探してて挑戦した転職活動の、とある面接の時のお話。

相変わらず愚痴ですので、すみません。

でも誰か共感してね。絶対だよ?(はぁと)

応募資格・スコアの謎。

もっとみる

41歳男が教えるアラフォー・ロスジェネ世代が成功する転職ノウハウ

序文:本当にアラフォー・ロスジェネ世代は転職できないのか?

『35歳を超えると転職できない』
『40歳を超えると転職できない』
何十年もこのような事が言われ続けてきました。

多くの人がそのことに真実味を感じ、実際、過去には35歳や40歳を超えると求人が減り、自分の望まぬ仕事をしながら一生を過ごしていくことになりました。
実際、現在でも『若年者長期育成プログラム実施』と銘を打ち、35歳以下しか採

もっとみる
小難しい文章ですが、ご覧いただきありがとうございます!
2