通常国会

パワハラ指針は年内に決定――厚労省の藤沢雇用環境・均等局長|迷想日誌

厚生労働省の7月9日付の幹部人事異動で、雇用環境・均等局長に就任した藤沢勝博氏(昭和59年労働省入省・京大卒)に今後の方針について話を聞きました。

今年の通常国会で成立した改正女性活躍推進法等で新たに規制が加わったパワーハラスメントの防止対策措置義務(労働施策総合推進法関連)について、今後、「指針」を制定する予定としました。
時期的には、審議会において年内に結論を得る見込みとしています。

パワ

もっとみる

使用者の年休指定義務で「ブラック的回避行為」|迷想日誌

改正労働基準法の今年4月施行を契機に、年次有給休暇の使用者の時季指定義務化にかかわる企業の「不適切」行為が広まりかけているようです(労働新聞8月12日1面・下記リンク参照)。

厚労省では、その後、専用のリーフレットを作成・配布して社会問題化するのを抑え込もうとしています。

「不適切」な行為とは、改正労基法で年休5日分の時季指定を使用者に罰則付きで義務化しましたが、一部企業に特別休暇や所定休日を

もっとみる

【通常国会開会】与野党の皆さんへ

今日は手紙口調で書いてみたいと思います。
というのも、私もいろいろ思うことがあるからです。
軽い気持ちで読んでください。

政治家の皆さんへ

国会議員に限らず、政治家の皆さんは亥年ということで今は様々に動かれているかと思います。それは国会の政策論争、問題の解決に向けた様々な調査、そして来る統一地方選挙や参院選。今年は安倍総理の所信表明演説にもある通り、タイトなスケジュールで進んでいくかと思います

もっとみる

20180123社説から見る現代日本

おはようございます。
昨日、通常国会が召集されました。冒頭に安倍総理による施政方針演説がありました。

全紙、その内容について取り上げています。

以下、各紙のポイントを引用をします。

日経:「憲法論議が重要な政治課題であることは否定しない。とはいえ、あまり急いであおり立てれば与野党対立が過熱し、予算案や働き方改革などの法案の審議まで影響を受けかねない。今年は全国規模の大型選挙がない。目先の人気

もっとみる

0083-20180122【ビジネスパーソンが押さえるべき今週の主要イベント】

今週の主要イベントについてご紹介します。

1.通常国会召集と安倍総理の施政方針演説 2.世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議) 3.TPP首席交渉官会合

1.通常国会召集と安倍総理の施政方針演説

1月22日(月)に通常国会が召集されます。

通常国会の会期は150日間で、延長がなければ6月20日が会期末となります。

冒頭に安倍総理の施政方針演説が予定されています。

通常国会最大の焦点と

もっとみる