今日まで無料

別冊少年マガジンの創刊号は今から10年前の2009年9月9日。

金色のガッシュ!!の雷句誠先生の『どうぶつの国』。
とらドラのイラスト担当されたヤス先生とさよなら絶望先生の久米田康治先生がコラボした『じょしらく!』。
みなみけの桜場コハル先生の『そんな未来はウソである』。
など好きな先生が連載を持つとして、めちゃくちゃ分厚い創刊号を購入した記憶が残っている。

そんな創刊号から唯一連載が続いてお

もっとみる

進撃の巨人という物語

進撃の巨人、あんたも好きかい?

俺がこの作品の存在に気づいたのはだいたい5巻が発売されていた頃位だったかな。
わりと荒削りな絵柄と、それでも圧倒的な存在感を醸し出していた巨人のデザイン。
そして、何よりも引き込まれるような物語の背景世界に魅了されたんだよな。

正直、第一話をみただけだと謎ばかりで何を言いたいのか全く読み取れなかった印象なので、多分雑誌で読み始めたんだとしたら、読み飛ばしてしまっ

もっとみる

「進撃の巨人」と「自由」について

自由を求めることは無条件で肯定されるべきか?

「進撃の巨人」という作品を読むと、そんな風に思わされます。

「人は生まれたときから自由だ」は本当か?

主人公エレンは何度も語ります。

「人は生まれたときから自由だ」と。

しかし、これはある種エレンの願望であり、物語内では「壁の外に巨人がいるので外に自由に出られない」という問題があります。

人々はその「不自由」を受け入れ、自由の獲得よりも、平

もっとみる

進撃の巨人が無料で読めるときいて

進撃の巨人が連載10周年を迎え、1〜28巻が無料、最新刊の29巻は100円で配信という大サービスが振舞われているらしい。大サービスすぎんか?

 今の今まで連載が続いていたことも知らなかったのに、無料の時だけ飛びついて読んだわけだけど、思っていた展開より大規模になっていて驚いた。世界観作りこみすぎだ。悲劇に次ぐ悲劇、地域を問わずマイノリティが露骨に差別されていくし、悪役が消えても誰かがそれを担わな

もっとみる

人の意志の永遠性 【進撃の巨人10周年】

今日も進撃の巨人10周年企画で書きます。

【key word】
命、犠牲、人の意志

進撃の巨人では、多くの兵士が命を落としていきます。
戦争の中で痛感される命の脆さと儚さ、「無駄死に」とも思える残酷な現実を描いてきたのもこの作品です。
仲間の死を経験してきた作中のキャラクターたちですが、

特に調査兵団団長エルヴィン・スミスとリヴァイ兵士長は、
数えきれないほどの仲間の犠牲の上に立っている二人

もっとみる

忙しい

これが忙しさ

書く時間ももったいなく感じる

それは進撃の巨人を読んでるから

読むの3回目くらいだけど

面白い漫画って初見の頃に戻って
内容のことぜーーんぶ忘れて
もう1回 卍新鮮卍 な気持ちで
ワクワクしたりドキドキしたり
とにかくそんな感じで読み直したいよお><
ってなりがちだけど
進撃にはそれが一切ない

これは褒め言葉です

むしろ自分の記憶力のなさに絶望というか
前回読み直した記憶

もっとみる

この美しき残酷な世界では

世界は残酷だ。
それでいて理不尽だ。

中学生の時、同級生数人と友人宅で悪さをしていたら学校にバレた事がある。
我々を呼び出した生徒指導の男性教師は、一通り説教が終わると
「お前ら!歯を食いしばれ!」
と一列に並ぶ我々に言い放った。

今と違い、普通に体罰なんてものがあった時代である。
およそ想像した通り、一番左端に並んでいた松永は右頬を思いっきり叩かれた。
狭い宿直室で響く音。
「もう何秒後には

もっとみる

どこかの私と進撃の巨人

※ネタバレはほぼありません。

もう連載10年になるんですね。今でも別冊少年マガジン創刊号の神見開きを見た衝撃を…(略)…諫山先生♥ 連載10周年おめでとうございます。

――と一般人ファン第1号をきどれればクッソカッコいいのですが、

アニメ化がきっかけで原作コミックのファンになりました。

恥ずかしいくらいあるあるですね。しかも好きなキャラクターがリヴァイ兵長。掃いて捨てるくらいいるファンの1

もっとみる

エルヴィンとリヴァイの友情 【進撃の巨人10周年】

進撃の巨人10周年というお題企画が開催されてるではありませんか。
これは参加しないわけにはいかん。

私が『進撃の巨人』と出会ったのは、
宝島社の「このマンガがすごい!」で、2011年版のオトコ版にこの作品が選ばれたときでした。

漫画喫茶で3巻くらいまで面白く読んだのを覚えています。
ですがその後、5巻くらいからは読まなくなってしまい、
再びこの作品に触れるようになったのは、アニメの方でした。

もっとみる

東京ゲームショウ2019の裏MVPは『進撃の巨人』だった

前回書いた通り、TGS2019での個人的ベスト配布グッズは『LEGION』のトートバッグに決定した。

簡素な作りながら、軽く、大きさも十分。来年も配っているとは限らないので、小さく畳んでまた来年も持っていこうかと思うほど役立ってくれた。

しかし、TGSと直接関係ないものの、大いに役立ってくれたものがあった。『進撃の巨人』である。

TGS最大の敵

TGSはできるだけ行きたいと思ってはいるのだ

もっとみる