投票率と自己決定権の感覚について

昨日の参院選の投票率は5割を切っている。なぜ投票率は上がらないのか?何がどうなったら投票率が上がるのだろう?とか考えていたのですが。

多分政治に興味を持つっていうか、生活を主体的に変えることに興味を持つってことなのかもな、と思いました。

自分たちはみな快適に、幸せに暮らせる権利を持っている。そして、自分自身の生活はもちろん、環境や社会をよくする力も持っていると感じられること。

生活に余裕と希

もっとみる

不純な動機の投票〜選挙へ行こうと思えた事〜

昨日の選挙。

正直に言う。

私は28歳なのに選挙に行ったのが昨日で2回目だ。

本当に申し訳ございませんでした。

ずっとずっと行こうとは思ってました。

何年か前、何かの選挙のあと、『ウーマンラッシュアワー』の村本さんが

《俺は投票に言ってない。だから文句が言える》
(ちょっと記憶曖昧)
みたいなことを言っていて、それは違うのではないかと思いました。

投票に行かなきゃ。でも世の中変わるわ

もっとみる

投票所に馴染みがあること → ◯

昨日は第25回参議院議員通常選挙がありました。投票率が芳しくなかったようですが、投票所へのアクセスやその建物・場所に馴染みがあるかといった条件が、投票所に足を運ぶかどうかに大きく影響しているのではないかと感じました。

現時点では、期日前投票も含めて、スマートフォンから選挙の投票はできず、どこかの投票所に出向いて、そこで手渡される投票用紙に手書きで記入するという行為が必要です。投票所は地域の小中学

もっとみる

#10 選舉=選挙

選舉(シュンゲイ)=選挙

結果的には、戦後2番目に低かった参議院選挙の投票率。自分の周りで、選挙への関心は低くなかったので、そのギャップに考えさせられています。
選挙に行く理由が見つからない、そもそも政策が判らない。1票投じても変わらない。若者世代、ネットの意見はいろいろ。

写真は、2016年の立法会選挙、香港島の繁華街 銅鑼湾(トンローワン)の様子です。若い世代がとても活発に街中で意見を交わ

もっとみる

2019/7/15月祝~7/21日

7/15月祝
オフ日。
曇り空だが雨は降っていないしライドしようかと思ったけれど、結局乗らずにだらだらと寝て過ごしてしまった。まあこんな日も必要といえば必要。

今年はまだ全然去年ほど暑くない。

妻と晩ごはんづくり。妻がシチューで、私がチャーハン。なかなか休みが合わないしめずらしい機会。

***

7/16火
フォーラム隣の貸会議室で行われていたのは親鸞会の映画上映会。どうしたものか。

政治

もっとみる

選挙方法の話

ようやく参院選がおわりになりました。皆さん投票お疲れさまでした。今回は選挙の投票についてお話したいと思います。本記事を読む際には下記の記事を読まれることをおすすめします(読まなくても一応問題ないよう書くつもりです)

投票したくても投票できない人たちがいる(または投票が困難な人がいる)
 上記の記事では投票の3つの方法があることを状況別にのべています。その中でほとんどは投票日での指定投票所での投票

もっとみる

「れいわ新選組」を当確できた社会にわたしが思うこと

梅雨空のなか、参院選が終わった。ここ10日ほど、自分が有権者だったことを久しぶりに思い出し、ちょっぴり眉間にしわを寄せてみたりしながら情報を集めた。自分なりの思いを一票に託して投票した。

令和最初の国政選挙で、重度な病気や障がいをお持ちの方が国会議員となった。これって、歴史的なことじゃないだろうか?

国会議員は、日本国として日本社会としての意思決定に直接、賛成反対を言える存在。国民の代表として

もっとみる

選挙とSNSと法律

ちょっと色々と書きたいネタは溜まっているのですが…
選挙が終わったのでこの話から。

投票率、とうとう50%切ってしまったんですね…
期日前投票過去最高って出てたし、SNSでも選挙のやりとりを結構見たので、今回は投票率あがるのかな?って思っていたんですけど…
結果的にはまさかの50%未満か…って感じです。

そういえばSNSで各都道府県の投票率(平均かな?)が出ていましたね。1番投票率が高いのが島

もっとみる

さらなるテクノロジー進化の前に最低限のルールや倫理観を構築しておこう

「テクノロジーが進化すればするほど哲学分野の需要はどんどん増えるはずです。個人的な思想などもそうです。」

この言葉は、先日行われたヤマシタマサトシさんで企画させていただいている「R30人生相談」で、哲学を勉強されている参加者の方への助言としてお伝えしたものです。

今、テクノロジーの力によって世界は大きく変わろうとしています。しかしテクノロジーを使う上でのルールや倫理的な問題よりも早くテクノロジ

もっとみる