都営三田線

板橋のマイナー商店街にあるとは思えぬクオリティのラーメン屋さん(はちどり/板橋区役所前/ラーメン)

つい先日、息子の幼稚園がお休みで、朝からワンオペしなければならない日があったのだが、折角なので自転車で両国から板橋まで遊びに行った。

いまサラっと言ってみたが、女房にメールで「いま息子と2人、自転車で板橋来てるよ」と伝えたら「頭がどうかしてる……」とドン引きされた。
ちなみに我が家の自転車はオレが必要性を感じずケチったため、アシスト機能が付いていない。いわゆるノーマルなママチャリである。それで墨

もっとみる

相変わらずクサくてウマい、やめられない味(百麺 中山道店/板橋区役所前/ラーメン)

今から約20年ほど前だったと記憶しているが、都営三田線の板橋区役所前駅付近の交差点で、毎日のように異臭騒ぎが起きるようになった。
それまで、この辺りでは嗅いだ事のない「何の臭いだこれ!?」という悪臭が、毎日毎日どこからか漂ってくるようになったのである。

その異臭騒ぎの元がこの 「百麺(ぱいめん)」である。

今でこそ獣臭さ全開のラーメンは東京でも珍しくなくなったが、この店がオープンした約20年前

もっとみる

レア店、松屋のカレー専門店が意外と悪くない!?(マイカリー食堂 板橋本町店/板橋本町/カレー)

皆さんは、牛丼の松屋のカレーを食べた事があるだろうか。
あそこのカレーは何回もバージョンが変わっているものの、常に一定のクオリティを保っており、なおかつカレーファンが「あそこのカレーはマニアックだよね」と評するほど、独自路線を突き進む味なのだ。

ただ、松屋本体では価格を下げざるを得ず、300円前後という衝撃的な価格設定の中で、頑張れるだけ頑張っているという苦心の跡が見て取れた。
カレーマニアであ

もっとみる

山あいを(おそらく)走っているであろう電車にて

新潟に出張することがある。新潟は広い。高速をひたすら走ってもいつまでも新潟県内。これは静岡と似ている。東名高速の本体は静岡縦断道路だと思っている。そういえば、三田線ユーザーの私は三田線の本体は北が板橋線で南は中原区民線だと思っていて、林先生の教えに従って、歯を食いしばって都心に住んでる者としては相互乗り入れ止めてほしいなと思うものの、それは時代に逆行しているのだろう。話を戻そう。新潟は富山寄りから

もっとみる

【息子と板橋デート】 創業100年を超えるコマヤ玩具編

【息子と板橋デート】 駄菓子屋ゲーム博物館編
https://note.mu/oharan/n/n8bf5fc800b78

前回アップしたこの記事の続き。

前回は息子が駄菓子屋ゲーム博物館でその日のオヤツを荒稼ぎしたところをご紹介したが、今回わざわざ息子を連れて板橋へ行ったのには、別の目的があった。
私が子供の頃に散々通ったとあるお店に、息子を連れてお礼を言いに行きたかったのである。

それが

もっとみる

【息子と板橋デート】 駄菓子屋ゲーム博物館編

先月の話だが、板橋にある ”駄菓子屋ゲーム博物館” に、息子を連れて遊びに行った。近頃息子は ”ゲーセン” を覚えてしまい、何かにつけて「ゲーセン行きたいゲーセン行きたい」とうるさく、その都度「ゼッタイダメ!」と言い続けていたのだが、流石にそればかり言うのも可哀想だと思ったので、”好きなだけ遊ばせてやれるゲーセン” を経験させてやろうと思ったのである。

そのような趣旨説明をするや、駅のホームの自

もっとみる

都営6000系の隠居生活

都営三田線。
この路線には色々な思い出がある。

その元祖の車両都営6000系が秩父で隠居生活を送っていると聞いて埼玉の山奥へ。

東京を離れた今でも元気に活躍を続けていて地域の足となっている。

シンプルな内装は都心の第一線でバリバリ働いていた時の雰囲気を残す。
ちょっと古ぼけた車内アナウンスの声もまた味がある。

そんな車内で三田線を走っていた頃を想像しながら長瀞の渓谷を眺めたので

もっとみる