電子部品

東京エレクトロンの2019年Q1決算を読み解く

今回は東京エレクトロンの決算をみていきます。

東京エレクトロンはいわずと知れた半導体製造装置メーカーの世界的大手です。(単純な売上高では3位もしくは4位クラス)

同社は半導体製造工程のうち、いわゆる前工程と言われる部分を担っており、主に成膜からレジスト塗布・現像、プラズマエッチング、レジスト剥離・洗浄、絶縁膜成膜の過程のほか、プローブ検査などの分野で高いシェアを誇っています。

(東京エレクト

もっとみる

太陽誘電の2019年Q1決算を読み解く

今回は太陽誘電の決算をみていきます。

太陽誘電はMLCC(積層セラミックコンデンサ)の大手です。

MLCCはスマートフォンやパソコン、クラウドサーバー、ゲーム機、IoTデバイスなど多くの場所で利用される必須の電子部品となります。

近年、このMLCCが自動車向けなどにも利用されるようになり、出荷数量の増加と価格の上昇が起きました。

今回はそんなMLCCに軸足を置いた経営を行っている太陽誘電に

もっとみる

ロームの2019年Q1決算を読み解く

今回は京都の電子部品大手、ロームの決算をみていきます。

以下、今期決算の解説文以外は前回の決算時の記事とほぼ同じです。以前の記事をご覧になった方は読み飛ばしてください。

※SiC採用例の記事のみ大きく加筆してあります。

ロームといえばかつては京都を代表する優良企業のひとつでした。

日本の大手家電メーカーから特注でカスタムLSI開発を請け負う企業として非常に高い利益率を誇っていました。

もっとみる

モーションリブ株式会社が1.8億円の第三者割当増資を実施(2019年6月)

資金調達情報

調達額:1.8億円

ラウンド:-

募集方式:第三者割当増資

調達先:慶應イノベーション・イニシアティブ (本社:東京都港区)
    DBJキャピタル(本社:東京都千代田区)

調達年月:2019年6月

企業情報

企業名:モーションリブ株式会社

住所:神奈川県川崎市幸区新川崎7−1

事業内容:機械のチカラ加減を操る力触覚ICチップ「AbcCore」の開発

設立年月日

もっとみる

KOAの2019年Q1決算を読み解く~抵抗器大手~

今回はKOAの決算をみていきます。

KOAは固定抵抗器で世界シェア大手

長野の伊那地方を代表する電子部品企業です。

抵抗器はキャパシタ(コンデンサ)とセットで利用されますから、コンデンサなど他の電子部品の需要を眺めるのにも有効な企業となっています。

なお、同社は決算資料をあまり詳しい所まで開示していないので、類推なども多くなりますし、いつもの決算分析に比べるとかなり薄いものになってしまいま

もっとみる

ラズパイや電子工作に使う電子部品を買うならLee's Electronic Components@バンクーバー

こんにちは。東京で抵抗や配線といった電子部品を買うなら、すぐに思い浮かぶのが秋葉原ですよね。秋葉原に行けばお店が数えきれないほどあり、部品1つとってもどれを買ったらいいのか迷うほどです。

しかし残念ながら、バンクーバーにはそのような電気街はありません..。日本のビックカメラのようなBEST BUYという家電量販店はありますが、完成品の扱いのみです。では電子部品はどこで買えるのか..。迷った時はL

もっとみる

中国・深センの電気街についてレポート

中国の深センにある有名な電気街に行ってきたのでそのレポートです。
備忘録も兼ねて。

兎にも角にも電子部品がめっちゃありました!(笑)

完成品もたくさんあって、値段を色々聞き回ったのですが、まぁ特にめちゃくちゃ安いってわけでもなかったので、大量仕入れのコストダウン交渉はできるものの、一個人が行くには微妙?かなと思いました。
部品買うだけなら日本の秋葉原で十分かなという感じです。

周りはこんな感

もっとみる

【企業研究】浜松ホトニクス(電子部品)

今回のnoteは、静岡の雄である「浜松ホトニクス」になります。

この会社、売上高1,443億円の中~準大手級とは思えないほど技術力のあるバケモノメーカーです。就活生は、このような隠れ実力派企業にも目を向けてみても良いんじゃないかなと思います。

これからの時代、AIの普及によって、ビジネスのサイクルはどんどん速くなっていきます。そんな時代で生き残る会社は、大きく分けて以下の2つだと思います。

もっとみる

【千葉】楽天×株式投資アカデミーに参加・雑感まとめ

昨日、楽天が開催する「株式投資アカデミー」に参加してきました。
一応は、事前に抽選が行われ、当選しました。(エントリーすれば、多分みんな当選する?)

自分の興味のある、ゲーム、半導体をセッションを聞いてきましたが…

個人的に気になった銘柄は…〇〇〇と△△△△△△△です。

1日1%自分アップデートを続けていきます。
それでは、また。

もっとみる

政治と経済はつながっている

中国語を話せるんだから仕事でいかさないともったいないと言われるんだけど、従来の中国語の仕事ではもはや東南アジアの文化に精通した方が良い時代に変わりつつある。これから自分で道を探さなければ!

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35769450W8A920C1FFE000/