【文芸】ラップの作詞法と詩的霊感の関係性

プラトンの著作『パイドロス』で記された、四つの神がかりの狂気のうちの三つ目である「詩的霊感」。詩的霊感とはすなわち、文芸のインスピレーションのことです。

プラトンの時代以前からギリシアでは、詩人は自分の意志によってではなくムゥサの与える詩的霊感によって言葉を発すると考えられていました。また、ギリシア文学の最古の作品はみな韻文であり、詩でした。

Erato The Muse Of Love Po

もっとみる

このごろ詩や和歌が心に沁みるという話

韻文を読まなかった時代

 僕はもともと小説が好きだった。

 それも、ストーリーが明確で、ワクワクするもの。いわゆるエンターテイメント小説が、僕が文芸関係へ足を突っ込むきっかけとなった。

 読書歴はそんなに長くない。高校生のとき、不登校になってからさまざまな出会いがあって、本格的に「本を読む」という行為にのめり込んでいった。

 橋本紡、宮部みゆき、京極夏彦が多かった。赤川次郎や、図書館にあっ

もっとみる

琵琶法師の真似事

昔昔のある話

そこには一人の子がおりまして

その子は一人の大人と出会い

その大人はこう言った

これだけやればまずやめない

だいじょうぶ,だいじょうぶ

しかしそのあと現実は

崩れ崩れてさあ大変

しかし大人はこう言った

「これもこれもよくある現実,

要るのは残った人間のみ」

これをきいた一人の子

何も感じなくなりまして

これで消されるくらいなら

新たなルートを探そうと

もっとみる

したため8日目

わー平成おわったなー!

え、どうでしたみなさん平成どうでした?
平成生まれインターネット育ちとしては顔を知らない人とのやりとりがどこでもいつでも出来る世界になり、便利になったかつそれが仇となることもあったりして、それが最近だとやたらドラマや映画の演出に使われたり、時代だなあと思いつつそれ以外に伝えることないのかしらと表現の限界を見ているようでもあります。

この先、令和時代はなにが最新でなにが流

もっとみる

したため7日目

早いもので3月が終わりました!
お久しぶりにしたためますどうも。

書くのが飽きたのかと言われるとそういうわけではなく、
単純に日々のお仕事が毎日楽しすぎて1日しっかり疲れて、ぐっすり眠ってとても現状に満足してしまっていて、
頭を動かす事を忘れていて、かつお疲れモードというのが事実。

3月の自分のための備忘録として残しますので、さーーっと流し見してもらって大丈夫っす😗

1.日向坂46のぽかぽ

もっとみる

したため5日目

もういくつ寝ると3月ですね。
春というと季節の変わり目の衣替えシーズンに毎回悩まされますね。
しかも花粉シーズン到来で、花粉はもう10年選手なもんで常々花粉滅せよ🔥と唱えておりますが、毎年敗北して涙と鼻水を流しております。

そんな中、敬愛する夢眠ねむさんがnoteを始めてくれてぼくの心は春爛漫です🌸

https://note.mu/yumemibooks/n/n80b713cb75f1

もっとみる

したため4日目

さて、バレンタインがおわり、市場はひな祭り商戦に移行し、新たな門出の準備に取り掛かろうとじわじわと動き出す季節ですね。
やはり年々イベント事と疎遠になっていくので、気分だけは味わおうと毎年ひな祭りにはミニモニ。の「ミニモニ。ひなまつり!」を聞いているぼくです。

さて、本日のしたため目次です💡

1.X GAMESに憧れる

ぼくは生まれてから今まででスポーツにおいてまったく縁がない人間で、50

もっとみる

したため2日目

毎年1月ってこんな暖かかったっけ?、いやしかし風は冷たいからよく分からんなあ、と気候に疑問を抱きながら過ごしている最近ですどうも。

さて今回のしたため目次

1.ぼくとわたし

ぼくはネットや、親しい間柄であれば一人称を「ぼく」と呼ぶのですが、
別に「ぼく」と言っているぼくっ子の自分可愛いでしょ?とかではなく、
単に幼い頃から「わたし」という一人称が苦手なのである。

女の子だからって「わたし」

もっとみる

読んでない本の書評93「神曲 地獄篇」

259グラム。古い長編叙事詩とあって、一見読みにくそうに見えるが、読んでみると変わった人と生き物がたくさん出てきてお得。

 ダンテは暗い森で道に迷っている。そこで出会った古代ローマの詩人ウェルギリウスの案内で二人は彼岸の国を遍歴する。地獄を巡り、煉獄を経て、天上界へとのぼっていく。そこには片思いのまま死別した永遠の淑女ベアトリーチェが待っていて魂を浄化してくれる。

 2018年大晦日は、インス

もっとみる

したため1日目

さて、1月も半ばにさしかかるところ、皆さま2019年はどうお過ごしでしょうか?

今回のしたため目次



1.夢眠ねむ

1月6日から12日のぼくはというと、
自分の人生の中で初めての「推し」の、でんぱ組.incの夢眠ねむさんの完璧な美しすぎるアイドルとしての卒業ライブを観賞し、
嬉し涙で希望に溢れたねむさんの笑顔で多幸感溢れる卒業でさらに感傷し、
そんなアイドルに従順で健気なヲタク達も優勝だ

もっとみる