ニセ運転士(^_^;)

駅員や運転扱い係員(駅の信号扱い室で信号や分岐を切り換えて、運転時刻のコントロールをする仕事)、線路保守係員はやった事があるんですが、乗務員はやった事無かったんですよね。

運転士になるには国家資格が必要ですし。

写真は、熊本電気鉄道の車庫で電車の運転体験イベントが行われた時に撮影していただいたものです。

電車はブレーキが難しいのですが、僕は保線係員の時に軌道モーターカー(保守用の小さいディー

もっとみる

駅員さんの2分間

朝の駅。
いつものように快速電車を降り、出口へ向かう人に逆らいながら、普通電車を降りたときに、都合のよいドアの前へと向かう。

印の上に立って、顔を上げると、さっき乗ってきた快速電車はまだ発車していない。
それはいつものことだけれど、開いたドアの中には、座り込むワンピースの女性と、彼女を取り囲む数人、彼女にペットボトルのお茶を蓋を開けて差し出す人がいた。

熱中症か、その手前か。
意識はあり、会話

もっとみる

人をぶっちゃダメなんだよ。

先日、駅でこんなポスターを見かけました。

あいかわらず、駅員に対しての暴言・暴力が多いようです。

私がまだ会社勤めしていた時も、終電くらいの時間帯に、駅員に対して暴言を吐いたり、駅員にくってかかっている酔っ払いを時々見かけました。

だいたい、そういうところで暴れているのは、中年(会社の中間管理職をやっているくらいの年齢)の男性サラリーマンというパターンが多かったのですが、そういう場面に遭遇す

もっとみる

今日も一日お疲れ様でしたと

夕方の駅にて、

今日も一日お疲れ様でした。

そして、

気をつけてお帰りください。

と、続けてアナウンスありました。

業務として駅員さんが放送しているかと思うのですが、なんとなく優しい温もりを感じるアナウンスに、ほっこりしてしまいました。

ひょっとすると、毎日こんな感じのアナウンスあるのかもしれませんけど、味気ない運行情報だけでは寂しいですから、こう言う試みはぜひとも、継続していただきた

もっとみる

忘れられないお客さん

しばらくぶりの投稿。
新生活だなんだで立て込んでいたので…

駅はお客さんと接する機会が一番多い場所。
正直、あまり接客の類が得意ではない性格故、非常識な人にイライラすることが大半だったが、そんな私でも忘れられないお客さんとの関わりはいくつかある。
そんなエピソードを紹介したいと思う。

【里帰りのおばちゃん】
駅員としてもだいぶこなれて、定められた業務以外も自分の裁量で仕事をさせてもらえるように

もっとみる

わがまま

突然ではあるが、今からスキーしに行く(スノボかも)
一昨日まで金沢にいて仕事挟んでという感じだがこういう予定を聞かれると皆して驚き考えられないといった表情をする。

自分にとっては仕事と同じくらい全力で遊びたいしたまたま続けて取れたってだけである。
やりたいと思ったことをやれるうちに全部したいって思うのはわがままであろうけど凄く楽しい。

もちろん現状職場は人手不足なのでそれなりに休日出勤はしてい

もっとみる

駅員時代の思い出〜初めて●●した瞬間〜

さてさて、新入社員重役出勤奴として最悪の第一印象を師匠に与えてスタートした駅での仕事は、それまで普通の生活リズムの中で生きてきた身にとっては、慣れるまで非常にキツかった。
基本的な勤務体系は、9時出勤の翌日9時退勤の24時間勤務を2回やって2日休みの繰り返し。
業界用語で、泊まり勤務終わりのことを「明け」というが、泊明泊明休休のサイクルをひたすら繰り返していく。
パッと見は楽そうだが、とんでもない

もっとみる

駅員時代の思い出〜全てはマイナスから〜

運転士の話をする前に…
私の会社では、駅員乗務員コース採用の新入社員はまずは駅に配属される。
皆さんも、窓口や改札、ホームで見かけた事はなかろか。毎年春になると、顔や声を強張らせながら、おっかなびっくり仕事をしている彼らを。
一番緊張するし、一番怒られるし、一番キツイし、でも一番勉強になる時代、それが駅で過ごす新入社員時代だ。

私はそんな時代を大ターミナル駅で過ごした。
同期は私含めて7名。個性

もっとみる

電車の運転士

電車の運転士。
世間的にはどういうイメージなのだろうか。
楽そう?給料良さそう?はたまた、ガラが悪い?頭悪そう?などなど、人それぞれなのだろう。

私は東京で育ち、中学受験をしてそこそこの中高一貫校に入り、それなりの大学に入り、そしてこの仕事に行き着いた。
若手から中堅への転換期を迎え、同級生達は部下がいたり海外赴任をしたり、なんちゃら表彰を受けてバリバリ稼いでいたり、なんだか華やかだ。インスタ映

もっとみる