14歳

こわがり屋の愛

確認魔だ。
持ち物、戸締り、エアコン消したかな?恋人の写真にキスを。いってきます。ううん、こわいの。いっしょに行こう。ドアを閉めかけ、でももう一度すべて確認を。もう一度。
三回は確認する。こわいから。
失っていないかしら。私自身を。あのひとを。

ずっとそうだった。愛したら、こわがる。
愛を失いたくないから。
大事に愛して、てのひらにしっかりおさめて、抱きしめて胸に押し当てて。

お願いいなくなら

もっとみる
ありがとヽ(^o^)丿ぜってえいいことあるし!あなたにね(^_-)-☆
7

50年後のボクたちは

ドイツ国内でベストセラー(『T schick』日本語版タイトル『14歳、ぼくらの疾走』)になり、世界中で翻訳されたヴォルフガング・ヘルンドルフの小説を映画化。ドイツでは、児童文学賞を受賞している。

夏休みの少年の頃の冒険心を揺さぶってくる。ノンフィクションでいて、リアリティのある演出にどんどん惹き込まれる。久しぶりに映画でワクワクドキドキした。

14歳が一つのテーマ。中2病なのだ。日本だったら

もっとみる