16タイポロジー

16分析で見る、女の気持ちがわかる男

それでは、今回は"女の気持ちがわかる"と言う男についてやっていきましょう。16分析界隈周辺では、女の気持ちがわかると言う男性に騙される女性が後を絶ちません。今回はそういう男性の特徴について見ていきましょう。

・美しくない(Seの不在)
美しい男なら、ことさら、女が分かるなどと言わなくても、女に囲まれて育つから自然と分かるように育ちます。だから、わざわざ言いません。

・ナルシスト(自己愛的Fi)

もっとみる
Thanks!
10

16タイプでスクールカースト攻略

はい、では今回は禁断のテーマ、16タイプでスクールカースト攻略ついてやっていきましょう。高いスクールカーストを維持するためにどういうタイプと付き合っていくかが大事かについて述べています。

さあ、スクールカースト上げていくよ。遅れないでついておいで!

もっとみる
Thanks!
2

ポーの一族、16タイプ

風と木の詩に続いて、ポーの一族の16分析をやっていきましょう。男たちがセックスばかりしている漫画より、こういう文化的な仕上がりの作品の方が心穏やかに分析ができます。じゃあ、やっていこう。

エドガー・ポーツネル (ENTJ)
一見INTJかと思いきや、エドガーってものすごく人間と絡むし外を出歩くでしょう。これは、ENTJですね。ヴァンパイアで知性と力があるなら群れる必要もないしね。アラン(ISFP

もっとみる
Thanks!
3

16タイプとアダルトチルドレン

前回の記事

16分析とアダルトチルドレンについては、以前から待望されていたテーマであるとは認識していたのですが、筆が進みませんでした。僕は、暗い話はあんまり好きじゃないんですよ。とはいえ、書いて欲しいと思う人が多いなら、書くしかないですからね。

今回はアダルトチルドレンのタイプと対応する16タイプ、それから問題の核となる心理機能について、検討していきたいと思います。

もっとみる
Thanks!
7

16タイプ おしゃれランキング

大好評ランキングシリーズです。生まれつきでタイプが全て確定すると思っている人が多いようですが、普通に考えれば、持って生まれたいろいろな条件で成長とともにタイプは変わりますよ。さてそれでは、今回は16タイプの見た目ランキングをやって行きたいと思います。おしゃれ好印象ランキング、と言ったほうがいいかもね。

もっとみる
Thanks!
5

16分析で見る男性の危険な嫉妬心

サポート方式です

今回の前提に疑問が残る記事の紹介。

強度の内向性・感情の平坦さ・協調性の低さ・社会規範の軽視・アイデンティティの秘匿、これらの特徴から筆者はINTPの男性でしょうね。日本社会のINTP男性って、どうしてこうエゴ(TiとSi)が加速するんだろうとは思うね。(TiとSiによる)女が嫌いという結論があって、(Neによる)帰納的なエビデンスはそれを演繹的に論証するために載せられただけ

もっとみる
Thanks!
7

NT型のアーギュメンテーション

今回は直観思考グループであるNT型(ENTJ、ENTP、INTJ、INTP)の哲学上意味とそのアーギュメンテーション(リーズニング・プロセス)についてみていきましょう。NT型のアーギュメンテーションを学ぶことの強みは、他タイプの論理の上の論理を常に設計できるようになることです。論理で圧倒するには、NT型から学ぶのが最短ルートです。

今回の記事の作成には、論理学・記号学研究に励んでいるNくん(IN

もっとみる
Thanks!
2

16タイポロジー解説

16タイポロジー各タイプ解説の簡易版、心理機能の解説とその向上法。

多方面への16タイポロジーの応用と活用

16タイプ省察録(男性):各タイプの詳細な分析

16タイポロジー理論的背景の解説

もっとみる
Thanks!
3

モテる最高の俺INTJ

モテるシリーズ第四弾、次の主人公はINTJ、君たちだ。

今回のオペレーションは、君たちなら決して難しいものではない。

INTJはモテない選択をあえてする孤高の俺私を貫こうとするところがあるが、その実、彼女や彼氏と色んな事をしたいとも計画している素直な人たちだ。その素直さをどれだけ現実化できるかによって、今年のクリスマスが朝から夜中までじっくり楽しめるかどうか決まってくると言っても過言ではない。

もっとみる
Thanks!
3

16タイポロジーでわかる美しい少年の存在論

なんと、前回の美しい少年の存在論はシリーズ化します。なので、読者の人の理解が付いてきて欲しいので、16タイポロジーで説明します

第一哲学置き場

この美しい少年の存在論のアイディア元は、界隈(どこの?)では有名なFoucaultの"The History of Sexuality"です。あと、僕の経験則です。

Iを作るのはそんなに難しくなかったし、Iは情熱で一気に書き上げることができた。だけど

もっとみる
Thanks!
4