2拠点居住

2拠点居住 ビザはしんどい

わたしは、イギリスでは、大学院で博士課程(社会政策学)の研究者としての生活を、日本では、研究もしながら、仕事をしている。

仕事は、現場で研修や講演や、講座を担当したり、時に、ご遺族の相談でお話を聞かせていただいたり、原稿を書いたりと、ミクロな部分から、事業計画、予算作成、広報(リリースから取材を受ける)、評価のモデルづくりなど、多岐にわたる。

プレイング・マネージャーであることがあまりに辛いと

もっとみる

座談会のレコーディング【住む!?住まない!?欲張りな私たちの好きと繋がる暮らし方〜2拠点居住を考える〜】

先月末、地方移住や自身の暮らし方について考える座談会形式のイベントでレコーディングしてきました。

イベントについて

今回のファシリテーターは、あかねさん。

あかねさんのイベントは、はじまり商店街の中でもお客さんとの距離・お客さん同士の距離が近く、「参加型イベント」の色が強いです。

(今日もこんな素敵なイベントが。行けなかったけど泣)

特に今回は、ローカルで他拠点に活動する5人のキーパーソ

もっとみる

尾崎えり子さんの「子連れワーケーションの理想と現実」の note を読んで感じた2拠点ワークの理想と現実

このタイミングで読めたことは僥倖としか言いようがない。これから2拠点ワークをやろうとしてる者にとって、とても示唆に富んだnoteでした。

実際、私も令和元年を記念して(?)夏休みに、家族みんなでリモート・ワーケーション的な事をやってみようと検討してみたのですが、家族会議の結果、奥さまからの

その計画ではターゲットが明確でなく、ワークもバケーションも中途半端になる可能性が高い。現実的ではないと判

もっとみる

【仕事】2拠点居住を夢見て4年、実現できない理由

4年ほど前から千葉県の海沿いのまちに、東京の他にもうひとつ拠点を持ちたいなぁ、2拠点居住をしたいなぁと漠然とながら考えるようになっている。きっかけはよく耳にする「東京で消耗」系というよりは、自分の生まれ育ったところが海にほど近い場所で、単純に郷愁からなのだ。

ならば故郷、実家に帰ればいいではないか、といえばコトはそう単純ではなく、20年以上前に家を手放し、親もかの地を離れてだいぶ経つ。また、自分

もっとみる

ひよっこミニマリストの私が、次にやりたいこと3つ

こんにちは、「幸せに働ける人や地域づくり」を目指していますミノです。

今回は、ミニマリストをやってみた感想を今後について。

・・・

約1か月のミニマリスト生活を経験して、私の価値観は大きく変わりました。

服を減らして、「同じような服ばかり着ていたら変に思われないかな?」と思っていたけど、誰も何も言わない。(もしかしたら言えないのかもしれませんが)

そうして、必要以上に自意識過剰だった自分

もっとみる

ミニマリストになって「なくなった」3つのこと

こんにちは、「幸せに働ける人や地域づくり」を目指していますミノです。

「ミニマリストなんてただの流行り」と思っていた私ですが、いつも「身軽になりたい!」という思いを抱えていました。

東京と故郷の富山、そして海外の三拠点を持ち、旅するように仕事をし、生活するというのが私の夢だからです。

身軽になる手段を探し求めてたどり着いたのが、以前には鼻にもかけなかったミニマリストだった、というのは皮肉なこ

もっとみる

忙しいあなたでもできる!4時間20分でミニマリストになった話

こんにちは、「幸せに働ける人や地域づくり」を目指していますミノです。

バリバリ仕事をしている人にとって、ミニマリストになるまでにどれくらい時間と手間が必要か?というのは気になるところだと思います。

私も平日は仕事で忙しく、自由に使えるのは土日のみ。そして本音を言えば、貴重な休日全部を断捨離に充てたくもないわけで…。

そんな中、本と服という2大アイテムの断捨離に、私は2か月間使いました。

もっとみる

捨て過ぎ注意!働きマン・ミニマリストが気をつけること

こんにちは、「幸せに働ける人や地域づくり」を目指していますミノです。

ミニマリストに興味を持ったら、まずネットで検索してみますよね。そうすると、たくさんの先達ミニマリストたちのブログを見つけることができます。(本当に本当に、たくさん出てきます)

ネットで情報発信しているミニマリストは、プロブロガーや主婦の方が多い印象です。彼らの考え方や生活の様子を知ると、ミニマリストを目指そう!という意欲がま

もっとみる

手放しにくい本たちをどうすれば!?「残す/捨てる」を決める魔法の3秒

こんにちは、「幸せに働ける人や地域づくり」を目指していますミノです。

このブログを読まれている方の中には、本が大好き!という方も多いのではと思います。

「好きな本に囲まれた書斎を持つのが夢!」という方もいるかもしれません。

私もご多分に漏れず本好きで、本棚にはたくさんの本を並べていました。

しかし、ミニマリスト宣言したからには、本も断捨離の俎上に載せないわけにはいきません。

今回は、私が

もっとみる

ミニマリストへの第一歩。休日から始める「プチ体験」

こんにちは、「幸せに働ける人や地域づくり」を目指していますミノです。

夢は三拠点居住。「旅するように働く」人生を目指す私は、身軽に生きるためにミニマリストになることを決めました。

そうとなったらどんどんモノを捨てなくては!…というところですが、平日は朝から晩まで仕事をしている私が、「ミニマリスト化プロジェクト」に時間を割けるのは基本的に週末のみ。

そこで、本格的にモノとサヨナラする前に、時間

もっとみる