ADL

ADL動作と機能面を繋ぐためには

必要なADLを知ること
ADLを実施する環境を知ること
現在といままでの機能面の状態を知ること

そんでもって
【ADLができない原因(できるために欠如しているギャップ)】
を見つけ、
【修正可なものなのか、不可なのか】
を定めてチーム共有!

ありがとうございます😁 またみてみてください!

理学療法をするにあたって
機能面治すのはもちろん大事😶

でも、目的を決めないといけない。

患者の最終ゴールは【生活に戻る】か【新しいパターンの生活】を始めること。

★機能面を修正することが【歩行】等の動作だけじゃなく、本当に必要な【ADL動作】の改善にまで持っていくこと!

こんな内容でも何か1つきっかけになりますように☺️

生活に関わる障害

一言に生活と言っても、そこには様々な要素が含まれます。今回は今一度生活を見つめなおして、その上で障害についての解決策を考えてみましょう。 まず生活に含まれる主な要素はADL(Activity of Daily Living)としてまとめられています。

身の回りの動作や移動動作、コミュニケーションなどの要素が組み合わさったものがADLと考えられています。またこれに加えて生活においてより高度な能力が

もっとみる
00:00 | 00:30

第28話では車で札幌に行くにあたり青森〜北海道間を青函フェリー乗船した際の音声とALS国会議員が誕生したというニュースを背景にALSとは何か?そして施術者はどう対応するべきかについて話しています。今後難病や持病、障害があっても当たり前に活躍できる社会になるのでしょうか。ALS患者の国会議員舩後靖彦先生に今後も注目です。

鍼師のひとりごとでは

鍼灸マッサージの学生
柔道整復の学生
臨床経験が未熟

もっとみる
わたしもスキです!

妊娠中(産後)の恥骨痛の方が快適に過ごすための6つのポイントまとめました

産婦人科でリハビリ外来をしている近藤可那です。

今日は妊産婦さんに結構ある
「恥骨痛」「恥骨結合痛」に対する
日常生活上のポイントについてまとめました。

骨盤ベルトよりも...

妊娠中や産後の恥骨痛って実は結構あります。
ありますが、産婦人科でそのようにお話しても
「骨盤ベルトで...」という対応で終わってしまうケースも
多々あるんですよね。

恥骨痛って実は骨盤ベルトよりも
日常生活の中で

もっとみる

◎日本人でなくてもぃぃし、むしろ、全く日本語いらないし、日本人なんて全くぃらなぃんだから~的な、感じになってない?最近、日本列島。( ̄~ ̄;)

RT.

『難民兵器の投入はユダヤの普遍的な方法です。
アメリカ建国の場合は、アイルランドから白人奴隷とアフリカから黒人奴隷を投入。
日本の場合は、米軍が済州島で6万人(島民の1/5)を虐殺して、逃れた20万の島民を大挙して日本に密入国させた。』※1

Sourse: ※1

https://twitter.com/_kazumasa_/status/852478285611098113?s=0

もっとみる
スキボタンありがとうございます。
1

ADLの意味

「ADL意味」についてブログを書きましたので、ごらんください。

「ADLの意味」についてブログを書きましたのでごらんください。
https://hiroyasu-cp.com/adl-imi/

論文&データを臨床応用したADLの達人技術

こんにちは、CLINICIANS代表で脳卒中認定理学療法士のたけ(@RihaClinicians)です。

本noteでは、過去の研究論文を生かしたADLの達人になれる技術をご紹介しています。

ADLの評価法にはFunctional Independence Measure(以下FIM)がありますが、この名前すら知らない方はまずはそちらを簡単に勉強してからお読みになることをおすすめします。

もっとみる
スキありがとうございます!内容がよればシェアもお願いします🤣✨
16

クックパッドに潜入してきた:その2〜新規事業cookpad martが熱い〜

クックパッド恵比寿オフィスに潜入する機会があった。
このnoteは、クックパッドのブランディング・編集を担当されている方にいろいろ説明していただいたことをまとめたものになる。
そして、新規事業クックパッドマートとcookpad studioを医療・介護・福祉という切り口で、見てみる。

クックパッドに潜入してきた:その1〜〜チーム・コミュニティの切り口で〜はこちらです。

新規事業cookpad

もっとみる
僕も「スキ」です(〃ω〃)
5

評価尺度:ADL/IADL-Cog version 2.0

高齢者や認知症を対象として、評価尺度「認知レベルと対応したADL/IADL スケール version 2.0(ADL/IADL - Cog 2.0)」を開発しています。
website「ひさのラボ(久野真矢研究室)」を変更しまして、評価用紙のPDFをwebに公開出来なくなりました。
つきましては、評価用紙をご希望の方はメールにてお問い合わせください。
E-mail : hisanpan@gmail

もっとみる
ありがとうございま~す(^-^)
5