AFC

EPL 9節Review 「簒奪」 vsAFC

SCORE

#SUFC 0-0 #AFC

SCORER

30’⚽️Mousset(SUFC)

FORMATION

SUBSTITUES

58’Mousset→Sharp
78’McGoldrick→Freeman
85’Norwood→McBurnie


INTERVIEW

クリス・ワイルダー

We have deserved to win a tight game. We kn

もっとみる

予定通り、今月は戦術分析をお休みしております。

お断り 
理由は分からないのですが、YouTubeの埋め込みが使用不可になっています。note によると、「申し訳ありません、入力されたURLは一時的に埋め込みできなくなっています。通常のテキスト編集のリンク機能でお試しください」と表示されます。webのURLもYouTubeのURLもリンクが貼れません。何があったのでしょう?ちょっと、心配です。最近、散々な目にあってますから。
1.アンフェアにな

もっとみる
ありがとうございます。
1

キルギス・サッカー情報(4)

FCドルドイ 新シーズン・記者発表

3月4日、昨年のリーグ・カップ戦の2冠を制したキルギスリーグのFCドルドイが新シーズンを前にプレス向けに会見を行った。小生も記者の一人として参加してきた。

プレス会見は2部構成でとり行われた。1部は新シーズンからキルギスの建設業界大手のNurzamanとのパートナーシップ協定の締結。新スポンサーとして2019年からの2年間、Nurzamanがスポンサーとなり

もっとみる

全豪で錦織が逆転勝利

サッカー日本代表がサウジアラビアの猛攻に耐えていた頃、メルボルンで錦織は2セットダウンから追いついた。しかし、5セットのタイブレーク5-8。第5セットはタイブレークが10までの為、首の皮1枚繋がっている状態。ここから5連続得点して5時間の戦いを制してBest8進出。サッカー日本代表もサウジアラビアの猛攻に耐えBest8進出。サッカー日本代表の次戦の相手はベトナム。格下の相手なのでメンバー変更ができ

もっとみる
00:00 | 00:30

【渋谷社会部】
本日は、社会課題に挑む公認会計士のプラットフォーム形成を目指すNPO法人、
AFCの池山 允浩さんにお越しいただきました。

AFC(Accountability for Change)では、
プロボノを行う会計プロフェッショナルとソーシャルセクターの皆さまのためのオンラインサロンを運営しています。

実際の会計業務がどんなものであるか、
ソーシャルセクターに対して実際にどのような

もっとみる

ヨドバシでNikon Z7を触ってきて気になったことが1つ

AF-Cのときにピントが合ったときの表示がない。

AF-Sのときにはピントが合うとフォーカスポイントがオレンジからグリーンに変わる。また、ファインダー内左下には●印が点灯、ここでも合焦したことがわかります。

Z7ではAF-Cのときにそれらが無いのですごく不安

一眼レフではAF-SでもAF-Cでもフォーカスポイントの表示は消灯、ファインダー内左下には●印が点灯する。こういう感覚的な部分はちゃん

もっとみる

トンネル抜ける 続・"W杯ロス"を乗り越える

2019年1月からサッカー・アジア杯がアラブ首長国連邦(UAE)・ドバイで開幕する。規模・レベルともにW杯ほどでないとはいえ、サッカー日本代表にとって決して油断ならない強豪国が多数参加し、W杯並みの熱戦が期待できる。おかげで"W杯ロス"の長いトンネルを抜け出られた。メリハリある生活を取り戻せそうだ。

楽しみなアジア杯

アジアサッカー連盟(AFC)のアジア杯が1月5日から始まる。約1カ月間の長丁

もっとみる

なでしこジャパンよりも厳しい環境のフットサル女子日本代表が奮闘中

日本のフットボールにはさまざまなカテゴリーが存在する。

11人制のサッカー
ソサイチ
フットサル
ビーチサッカー
インクルーシブフットボール

その中でも11人制のサッカー男子日本代表とJリーグばかりがが注目されているのが現状だと思う。

そんな中先日AFC女子サッカーアジアカップで優勝した女子日本代表のなでしこジャパンの記憶は新しい。
その記事はこちら。

そのなでしこジャパンよりも注目されて

もっとみる

浦和が切り拓いた“Jリーグの未来”【 171125_ACL決勝_浦和vsアルヒラル】

浦和レッズACL制覇オメデトウゴザイマス!!!

試合前のスタジアム全体を使った、The HOMEを演出したコレオ、
もうここから既に雰囲気最高で出来上がってましたね。

第1戦を敵地で1-1で終えられたことで、本拠地での第2戦をスコアレスドローでも優勝出来るという好条件で迎えられたこと、そしてそのアドバンテージを最大限に有効活用した第2戦の闘いぶり。。

本当に浦和だろうか、これ鹿島じゃないか、

もっとみる