昨年、最もハリウッドに愛された曲『Take On Me』by a-ha を知っていますか

1985年。電電公社がNTTになり、5月の3連休がゴールデンウイークという名前で始まったこの年の夏、『メンバーの顔がはっきりしない』『コミックと現実を行き来する』という珍しいミュージックビデオで一世を風靡したのが、a-haの『Take On Me』でした。

『Take On Me』は知らないという人でも、曲を聴けば一度は聞いたことがある人が多いと思います。80sのオムニバスCDには必ず入ってます

もっとみる

小紫

この小説は、以前、自分のサイトに掲載していたものの、サイトが壊れて閲覧できなくなってしまったものを書き直したものです。a-haのTake On Meにインスパイアされた平安ものです。

 昔、平安の世。世をときめく藤原家の遠縁に、大変書の好きな姫がおりました。
姫は、時間があると書を読んでいたので、いつしか紫式部にちなんで、「小紫」と呼ばれるようになりました。
 あるとき、小紫は大変美しい絵のつい

もっとみる

緊急時対応

前回、勉強方法について述べたので「私の勉強方法」については割愛しようと思います。書いてもほとんど同じ内容を書くだけになりそうなので。

 まあ、さわりだけ言うと買う本はめちゃくちゃ簡単な本でボリューム的にも少なめの物から始めるのがお勧めです。簡単に何度も読み直せる物が良いと言うことです。で、2,3回読んでいく内に何となく理解できたつもりになれると思います。ですが、実はしっかり理解できたつもりのとこ

もっとみる

胸を押せる看護師

何か題名がちょっとスピリチュアルって言うか啓発的な感じがしますが全然違います。

今日は久々に心停止患者が出ました。

人工呼吸器がついている患者でした。

安心してください。助かりました。

患者の急変を見つけた時は

1, 意識を確認する

2, 緊急コールをして応援を呼ぶ

3, 脈拍と呼吸を確認する

4, 脈拍、呼吸が無ければ胸骨圧迫(心臓マッサージ)をして応援を待つ。

5, 応援が到

もっとみる

AHAガイドライン2015 Part3

今度は薬剤の話です。

ガイドライン2010までは

「アドレナリン1mg」と「バソプレシン40単位」

の2トップでしたね。まあ、圧倒的にアドレナリンがエースでしたけど。

それが、ガイドライン2015では、簡略化のためにバソプレシン40単位が除外されました。もともと日本ではバソプレシンは救命時には保険適応外だったのでアルゴリズムとしては大きく変わることはないと思います。

理由としてはアドレナ

もっとみる

AHAガイドライン2015  Part2

今度は胸骨圧迫の速さの話をします。

ガイドライン2010では

「100回/分以上の速さで」となっていましたが

ガイドライン2015では

「100回/分〜120回/分の速さで」

と変更になりました。

これ、実際はガイドライン2010が施行された当初からBLS指導の場面で問題になっていた部分ではありましたね。

「速ければ速いほどいいんですか?」という質問を結構されました。

Recoil

もっとみる

AHAガイドライン2015

昨年の話になりますが、「American Heart Association 心肺蘇生と救急心血管治療のための ガイドラインアップデート 2015 ハイライト」が出ましたね。

それほど大きな変更点はありませんでしたが、細かく色々なことが変わっています。

まず、胸骨圧迫

ガイドライン2010では

胸骨圧迫の深さは「5cm以上となるように」とのことでしたが、

ガイドライン2015では

「2

もっとみる