『AKIRA』

2019年8月14日、
Netflixで鑑賞。
世界に轟く超有名作品ですが、
詳しくはグクってね。

①Twitter マイツイートより

#Netflix で『#AKIRA』鑑賞。
1982年ヤンマガで連載、その時、高校生、
1988年アニメ映画化、その時、社会人。
作中の舞台、2020年に東京オリンピックを迎える2019年のネオ東京。デモ、テロ、宗教。
1982年にそれらを描いていた。
そして

もっとみる

鑑賞note:AKIRA①-金田は死を恐れない

東京オリンピックが迫る2019年、AKIRAを読み返してみて改めて感じた物語や描写について記していこうと思います。
AKIRAについての説明は省きます。まずは1988年に公開されたアニメ映画版「AKIRA」を観られると、その世界観を感じられると思いますのでおすすめします。

私たちは2019年の少年になった

夜の暴走シーン、旧市街地の巨大なクレーター、大破する鉄雄のバイク、謎の少年(老人?)、ア

もっとみる

サイバーパンクの歴史 ~サイバーパンクの起源は何処?~

いきなりですが結論。

サイバーパンクの歴史は
SF作品の文脈の中に位置付けることができる!

この記事をお読みの皆さん
「サイバーパンク」と聞いて何を思い浮かべますか?

ブレードランナー、AKIRA、クーロンズゲート、レディプレイヤー1、おびただしい数のネオンサイン、でたらめな日本語看板、巨大摩天楼、ネオ東京、攻殻機動隊 etc...

ネオンと摩天楼

これが「サイバーパンク」の大部分を占め

もっとみる

2019年に7月に公開されたスニーカーニュースまとめ

2019年1月からまとめはじめたスニーカーニュース7月分!

例によってオフィシャルのリリース日ではなく、わたしがSNS等でアップしたタイミングで区切っていますので悪しからず。

噂には伺っていたhanamikojiさんの靴をじっくり見させていただけた。 加硫らしいうつくしいつくり。 台南とのことで、おそらくコンバースとかつくっていたとこらへんではないかと予想。 ただシルエットはかなり丸みを帯びて

もっとみる

Youtube Space TOKYOの壁面

六本木ヒルズにあるGoogleのYoutube Space TOKYOに、お気に入りの壁面があります。

それはこの絵。

私のMacbookの壁紙にもしているお気に入りの絵です。

部屋の入口はいってすぐのところに描いてあります。

一度見て心を撃ち抜かれた私は、この作品を誰が描いたのか調べました。

するとTwitterに・・・

この作品、作者は大友昇平さん。タイトルは「konnichiwa

もっとみる
00:00 | 00:30

のぐち・のぞむ・こばりで収録。収録場所は、過去回にも出てくれた近藤ていゆうと坂上などが住んでいるシェアハウスのリビング。

今回は「日常系学園ギャグミステリ漫画」の二大巨塔『それでも町は廻っている』と『SKET DANCE』の作者、石黒正数と篠原健太はそっくりなのではないか、という仮説のもと、二人の作品について話しました。説を立ち上げ語っていくつもりが、ほとんどファンによる雑談となってます。
●石

もっとみる

5&6月見聞録 【映像編】 -2019-

5〜6月はあまり映画館に行く元気がなかったので、家で観ることが多かった(ていうか1本しか映画館で観てない)。NetflixにPrime Video、超便利。上映期間も上映時間も気にしなくていい。自宅でベッドに寝転がりながら観れるもんね。

Beautiful Boy

すでに書いた通り。
この映画でティモシー・シャラメのうつくしさにやられてしまって、ずっと気になっていた『君の名前で僕を呼んで』を観

もっとみる

もう本当に、この国に新しい才能は芽吹いていないんだろうか

AnimeExpo2019で、AKIRAの新アニメーション作成が発表されたそうだ。
奇しくも2019年に、健康優良不良少年が戻ってくるというわけだ。

ご存知の方には言うまでもない事だが、日本2大さわりだけアニメーション大作の1つが原作準拠でよみがえるのである。

間違いなくナウシカでは起こらないであろうサプライズがAKIRAでは起きるという事である。たいへん楽しみだ。

が、本当に思うのだけれど

もっとみる

真の男タイムまとめ11

ドーモ、三宅つのです。ここが何なのかは下記をご覧ください。

7月7日、それは七夕です。しかし新暦では梅雨の最中なので雨が降り、牽牛も織女も天の川も見ることが出来ません。旧暦の方が季節に合っています。二十四節気のひとつ小暑は、ちょうどこの頃です。梅雨明けが近づき、蝉が鳴き始める頃だとされます。真の男を吸引し、心頭滅却して涼しくなり、熱中症にならないよう気をつけましょう。May the Real M

もっとみる