Adobe_XD

初めてのXD

今日は、今参加させてもらってるセミナーで、初めて、Adobe XDというソフトを使いました。

初!ということで、全く使い方が分からなかったけど、めちゃくちゃ丁寧な説明で分かりやすくて、楽しかった!

何が一番感動したかというと、スマホと連動できること!
パソコンでやってる処理がそのタイミングでスマホの画面でも連動するから、デザインするときにどう見えるかパッと分かるのめちゃくちゃ良い!って思いまし

もっとみる

時間がない人のためのXD/sketch比較

この記事は両方使えるけど、なんとなく二つのソフトが違うことがわかる。でもそこを検討する時間はない人のための記事として作成しています。
なので値段や歴史、エコシステムや基本的な操作、機能は理解した上で読むことを推奨します。

また、検討の為の情報を載せていますがそれも必要ない方は一番下まで一気にスクロールすると二つのソフトの使い方がすぐにわかります。

まず、XDとsketchについて。

XDとは

もっとみる

はじめての Adobe XD (DailyUI#1)

以前のnoteでも記載していた Adobe XD を使ったサイトデザインの練習としてDailyUIをはじめました。1日目のお題はサインアップページ(利用登録ページ)です。

配色は配色アイデア手帖から借りてます。(この本もデザインの練習でちゃんと使っていきたいね)

やってみて思ったのが、普通の会員登録のページってどういう情報入力させるっけ?登録するものによるからどういうサービス想定で作るかってち

もっとみる

技術書典7でAdobe XD プラグイン本をだしました

2019/09/22(日)に開催された技術書典7に、売り子として便乗して初参加&初技術本書きました!すごく楽しかったので、きっかけと出した本について書きたいと思います。

現在デジタル本として販売すべきか迷っていまして、読んだ上でほしいとか反応をいただけると嬉しいです。

はじめに

本は2つのきっかけで書きました。

あさのさくらさんが店番を募集していたので、誰もいなければと即立候補!

技術書

もっとみる

XDの共有機能で表示されるアートボードを制御するメモ。

すべてのアートボードが表示されるファイルと、一部のアートボードしか表示されないファイルがあって小一時間(大袈裟)混乱したので、メモ。

プロトタイプで遷移を設定してるか否かで変わる。

①デザインインタフェースのみで作業していてプロトタイプを設定していない場合は、すべてのアートボードが表示される。

・初期表示のアートボードは座標値のもっとも小さいアートボード(左上のアートボード)が表示される。

もっとみる

Photoshop使いのWebデザイナーにオススメするXDプラグイン3選

ワイヤー制作や個人でシンプル目なWebのデザインをするぐらいでしかXDを使ってこなかったのですが、実務でついに本格的に使用をはじめました。

軽量!立ち上がるのに数秒!という時点で愛するしかないのですが、Webデザインをしていく上で微妙〜〜にやりづらいところが多々あります。

が、今回ご紹介する3つのプラグインは微妙〜を的確にどうにかしてくださる神プラグインなので、ぜひ入手してください〜!
全て無

もっとみる

「Drama」リアルなプロトタイプを最速で作れるUIデザインツール

規模や環境によりますがAdobeXD/Figma/InVision Studio/Sketchより良いと感じます。

DramaひとつでUIデザイン制作/プロトタイプ作成/アニメーション(モーション)作成が可能で軽快で使いやすくデザインツールとしての完成度が高いです。
早い段階で実機挙動に近いリアルなプロトタイプを作成できるので、フィードバックや認識共有の精度も上がりテスト/改善のサイクルが効率よ

もっとみる

XDが使えないシーンでpsdをリアルタイムプレビューできるアプリ「Scala Preview」が便利

こんにちは。webデザイナーをしてます、まるみと申します。

adobe XD、使ってますか?

私は使い倒してます。

・軽い

・いろんなアートボードサイズで作業ができる

・リアルタイムプレビュー最の高

しかしそんな最高オブ最高なツール、XD、実地で使うとなるとまだまだハードルが高く。「psd納品でお願いします」と言われることもしばしばかと思われます。

リアルタイムプレビューが使えない状

もっとみる

3. 手を動かす以外にデザインを楽しむ方法

本記事は、 2019年8月17日(土)に開かれた「Adobe XD ユーザーフェス 2019 Final」で発表した、私(佐藤 修 Osamu SATO )のセッション内容を元に、記事化したものになります。
イベント当日の模様は「こちらの動画(Adobe CC道場)」をご覧ください。
3部構成で発表しましたので、記事も3つに分けてお届け。
最後となる3回目は、『手を動かす以外にデザインを楽しむ方法

もっとみる

2. 「表現×技術」その限界との向き合い方

本記事は、 2019年8月17日(土)に開かれた「Adobe XD ユーザーフェス 2019 Final」で発表した私(佐藤 修 Osamu SATO )のセッション内容を元に、記事化したものになります。
イベント当日の模様は「こちらの動画(Adobe CC道場)」をご覧ください。
3部構成で発表しましたので、記事も3つに分けてお届け。
今回は、その2つ目『「表現×技術」その限界との向き合い方』に

もっとみる