Art50mm

The white-fox story of the dunes

モデルを使った撮影での単焦点レンズ開放値付近の使用率はかなり高い。
単焦点レンズで絞って撮影するなら、
今どきのよく出来たズームの方が描写も遜色ないし使いやすいと思う。
単焦点レンズに最も求めるのは、
「被写体の背景からの分離」であるのが私の使い方。

ちなみに、LUMIX S1/S1Rに実装されている人物認識~顔認識~瞳認識フォーカスはとても機能的で便利なので、しばらく使用してみましたが、現時点

もっとみる
ありがとうございます🎵
11

漆黒

あくまで個人的な考え方ですけど、モノクロームはハイライト~シャドウのトーンの美しさが感じられないとつまらない。

ところで、LUMIX のモノクロ ”L-Monochrome-D” って、セバスチャン・サルガドのモノクロのトーンを再現してるんですよ?知ってました? それだけで、LUMIX は買いだと思うんですよね。

model : Eriko Higashiura

Panasonic LUMI

もっとみる
ありがとうございます🎵
4

フォトグラファーは写真だけで語るべきか

結構昔から言われてる話かもしれない。が、私はどっちつかずな意見しか持ってない(笑)

「そういうテーマもあるし、そうでないテーマもある」

である。

写真で具体的なことを語るのは実のところかなり難しいと思っている。ドキュメンタリー的な写真であっても、そこに言葉がないと写真家の意図が明確に伝わることはないと思う。なぜかというと観る側のフィルタ(考え方や経験)が存在するからだ。単純に言えば、あるシー

もっとみる
ありがとうございます🎵
7

ポートレイト撮影に愛は必要か

写真展「闇の王」で行われる Pasha Style さんイベントのテーマに乗っかって書いてみる。ちなみに、私は写真展にもイベントにも参加するわけではないので、あからさまに便乗である。

さて、テーマの「ポートレイト写真撮影において愛は必要か?」という事なんですけど、私の結論から先に言うと「必要とも言えるし、不要とも言える」となる。出してる写真がキレイなモデルの写真なので、愛がどうのこうのと書くと違

もっとみる
ありがとうございます🎵
9

50mmは大事

焦点距離50mm。
標準レンズとして山のように語られてきたレンズ。
今更あーだこーだ言う気もないが、
正直言えばちょっと画角が狭いレンズである。
とはいえ、35mmじゃちょっと広い?という印象を持ってしまう。
でも、人物主体なら50mmはとても便利だし、35mmはスナップ的に使うならちょうどいい。

そんな50mmでのポートレイト撮影。
使ったのは、LUMIX S1R と SIGMA Art|50

もっとみる
ありがとうございます🎵
9