BIダッシュボードの作り方【十週間で知識ゼロからのデータ分析入門_連載4】

第六週の内容はデータ可視化です。そこで、今回はBIダッシュボードの設計が難しいと思っている方、またはなかなかいい感じのダッシュボードが作れない方のために、書いていこうと思います。私の作ったものは完璧とは言えませんが、その経験をそのような悩みを持つ人と共有したらいいじゃないですか。

良い感じのダッシュボード

2012年に開催されたダッシュボード設計コンテストで、有名なデータビジュアライゼーション

もっとみる

TD×BI見せ合い会(TUG meetup #0.2)〜とある事務局員の日誌〜

初めましてな方もそうでない方もこんにちは。
先日初めてTDでSQLを書いてデータを出してみた、TUG事務局員・マミーです。

タイトルが前回とほぼ同じとなりますが、第二回「TD×BI見せ合い会」のレポートとなります。

………2019.7.4(木)某所
今回の参加者は総勢5名。
前回の半分と少し寂しい会になると思いきや、4名が関西出身と判明!
その場にいた事務局員3名も全員関西人という、奇跡的なメ

もっとみる

noteはじめます。

こんにちは、Daichi Shinoharaです。
グランバレイ というデータ分析のコンサルティング会社でマネージャーをやっています。

キャリアとしては、大学を卒業後に新卒で入社した金融系Sierを経て、
セブ島留学したり起業をサポートしたりして、現在にいたります。

データ分析(BI) のツールや環境構築が苦手ではなかったので、これらにフォーカスしたコンサルティングやSIビジネスに関わり、今

もっとみる

Invent or Die - 未来の設計者たちへ:第三回 中島聡 x 松本徹三 書き起こし その7

2018年11月20日(火)に開催された「Invent or Die - 未来の設計者たちへ:第三回 中島聡 x 松本徹三」の書き起こしです。
ソフトウェアエンジニアである中島聡と、半世紀以上にわたり、世界のITビジネスの最先端で巨大企業の経営に携わってきた松本徹三氏が、「AIの真髄」に対する正しい理解にとどまらず、シンギュラリティに達した「究極のAI」に対し、私たち人間に突きつけられる向き合い方

もっとみる
励みになります!シェアしていただけると、嬉しいです!
1

Invent or Die - 未来の設計者たちへ:第三回 中島聡 x 松本徹三 書き起こし その6

2018年11月20日(火)に開催された「Invent or Die - 未来の設計者たちへ:第三回 中島聡 x 松本徹三」の書き起こしです。
ソフトウェアエンジニアである中島聡と、半世紀以上にわたり、世界のITビジネスの最先端で巨大企業の経営に携わってきた松本徹三氏が、「AIの真髄」に対する正しい理解にとどまらず、シンギュラリティに達した「究極のAI」に対し、私たち人間に突きつけられる向き合い方

もっとみる
嬉しいです!!シェアしていただけると、もっと嬉しいです!
4

【yenta 日記】#22 データの活用に必要なことは?! <パーソルキャリア佐々木 慶太 さん>

佐々木さんとは朝一に麻布十番で(始業前の早い時間にありがとうございます)

個人的に好きなんです、オスロコーヒー

----- データサイエンティストに必要なこと?!

佐々木さんはビジネスよりのデータサイエンティストとのことです。
実はデータ分析の方に聞くと、データの前にインサイトが必要だといわれることが多いです。何かというと分析の軸を理解したい。そうでないと闇雲にやってもデータはできても意味が

もっとみる

TD×BI見せ合い会(TUG meetup #0.1)〜とある事務局員の日誌〜

みなさま初めまして。TREASURE DATA USER GROUP(略してTUG)事務局員・マミーです。
グループの各種連絡・イベント企画まとめなど、部活のマネージャー的ポジションで、グループ運営のお手伝いをしております。

今回は、ご要望の多かった「TD×BI見せ合い会」の第一回目!その様子をレポートさせていただきます。

………2019.6.26(水)某所
今回集まったメンバーは総勢10名。

もっとみる

万物に「発生」「成長」「終焉」がある様にヒトもヒトが行っている経済活動も「成長」し続けることはできず、やがて定常から停滞、終焉、転生が起こるはずである。さて、BIはヒトをどの様な生き方へと変えるのか?
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65163

転職したお話

この記事では、私の考え方や転職理由、今後について書いた記事です。

2019年3月1日よりヤフー株式会社へ転職しました。

なぜ転職したのか
 ・データアナリストの界隈で受けた刺激
 ・自分に足りないものとタイミング
 ・転職理由

転職エントリーというよりはただの自分語りですが、情報が切り取られ拡散されると、企業の印象に悪影響を与えることがあり良くないので有料フィルターをかけました。

 ・デー

もっとみる

ビジネス・インテリジェンス

いま、クライアントのBI導入のお手伝いをしているので、ビジネスインテリジェンスについて少し語ってみたいと思う。

BIという言葉が日本で人口に膾炙するようになったのは2年ぐらい前からだと思うが、実は10年ほど前から自分はコンサルとしてビジネスインテリジェンスという言葉を使っていた。

10年前、ある大手日本企業の戦略策定能力強化のプロジェクトのプロマネをしていたのだが、クライアントのカウンターパー

もっとみる