Patti Smith A Hard Rain's A-Gonna Fall at Nobel Prize Award Ceremony 2016

ノーベル文学賞が大衆音楽というカルチャーに目を向けた記念すべき瞬間(^^♪
そして当のBob Dylanは学者たちと違い、セレモニーには出席しなかった!
Patti Smithというまさにパンクロックを体現したミュージシャンが、この素晴らしいセレモニーで緊張し歌詞を忘れ歌い直しながらも世界中に音楽とlyricsの素晴らしさを伝えた日。
何と言うかただただ嬉しい日であったし、着飾って得意げにセレモニ
もっとみる

[英詩]Bob Dylan 大幅増補の最新詩集

※「英詩のマガジン」の副配信です。

2016年版のボブ・ディラン最新詩集 'The Lyrics 1961-2012' について、前半は、一般的な面についての書評、後半はディランの詩について掘下げます。

Bob Dylan, 'The Lyrics 1961-2012' (Simon and Schuster, 2016)

書評

ボブ・ディランの最新詩集 'The Lyrics 1961-

もっとみる

Bob Dylan -A Hard Rain's Gonna Fall

Dylanの鬼気迫るvocalが素晴らしい。そして豪華すぎる演奏。何せDavid Bowieと一緒にやっていたMick Ronsonがサポートしているのが凄い。
兎に角、派手派手なDylan、熱いDylan。そして映像公開してくれたNetflixに感謝ですな。アメリカ合衆国建国200年記念アメリカのルーツをたどるライブツアーだったらしい。

ボブ・ディラン「ローリング・サンダー・レビュー」

ボブ・ディランを何か一枚というのはとても困る。活動歴が長い上に、その時期その時期でやってる事も異なるし、いいアルバムと言っても曲単位ではつまんない曲とか平気で入ってるし。

ぼくは高校生の時に「追憶のハイウェイ61」を聴いたんだけど、ぜんぜんピンと来なかった。当時聴いていたローリング・ストーンズとかレッド・ツェッペリンなんかの方がわかりやすくてカッコよかった。

それが、20歳を過ぎてからボブ・デ

もっとみる

Rolling Thunder Revue - Bob Dylan

Bob DylanはThe Bandのメンツと一緒にやったりTom Pettyと一緒にやったり、色々あるんだけど、その中でも非常にゲストが豊富なこのRolling Thunder Revueを映画で見ることができるというのは幸せかもしれない。
因みに、だいぶ前にCD何枚組かで発売していたので、そちらは購入していたが、Martin Scorsesseだけに期待大ですな。
ま、Bohemian Rha
もっとみる

Rainmanとボブ・ディラン考(+Chief Commander)

※「英詩のマガジン」の副配信です。

ボブ・ディランの2つの歌で謎の語 Rainman が現れます。ディランのインタビューで突然 Chief Commander が現れます。意味が不明。両者の関係も不明。ですが、どちらも重要な文脈の重要な語である感じを濃厚に漂わせています。その解明は将来の研究に俟つしかなくとも現時点で分っていることをまとめておきます。

目次
Rainman
 I Wanna B

もっとみる

宇多田ヒカルさん

宇多田ヒカルさんの新曲が、物議を醸し出している。

ぼくの中で。

「Don't Think Twice」と名づけられたそのタイトルは、音源を視聴しているとどうやらその前に Kiss me twice, kiss me three times と歌っているようなので、「考え直してんじゃねぇよ、早くキスしなよ」的な意味合いなんだと思う。

実は、と言ってもご存知の方も多いだろうが、Bob Dylan

もっとみる

'Idiot Wind'第9連の歌詞

※マガジン「英詩が読めるようになるマガジン」の副配信です。

かねてから、ボブ・ディランの 'Idiot Wind'「愚かな風」の9連の歌詞が気になっていました。とんでもなく変わった韻が使われているからです。その韻は詩人のギンズバーグが指摘するまで誰も気づかなかったくらい、想定外のものでした。

2018年11月に、その歌が含まれるアルバム 'Blood on the Tracks'「血の轍」の未

もっとみる

ディランと映画、覚書

※マガジン「英詩が読めるようになるマガジン」の副配信です。

ディランと映画とはどうも浅からぬ関係があるようです。それについて、John Lindley,  'Movies inside His Head: "Empire Burlesque" and "The Maltese Falcon"' (The Telegraph, no. 25, autumn/winter 1986) という文献に詳

もっとみる