優秀なCEO、優秀な社長の会社に投資しなければ大損する

こんにちは。このnoteはPremiumマガジン「一億円への近道」(2019年9月定期購読者)若しくは投資カービィの本5巻(マガジン)に収録されています。仕様上単体で買うことも可能ですが、いずれかのマガジン購読をおすすめします。今後追加する記事もあわせて、各マガジンに登録されているnoteが見られるようになります。

もっとみる

リスクの考え方

リスクの捉え方

稲盛和夫さんの言葉で
『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する』
まさにだなぁと思います。

今回は、『悲観的に計画し』という部分についてです。
事業・プロジェクトを計画し実行プランを考えるという事は、リスクを並べる作業が必須です。

とは言え、どこまで悲観的に計画するのかってことが大きなポイントだと思っています。
実行しないことが前提になって、出来ない理由ばかり並べて

もっとみる

第12歩(誰と生きていく?)

あなたにとって、尊敬する人は?

いや、質問を変えよう。

あなたは尊敬する人を追いかけているか?

世の中にはいろんな経験を持った人間がいて、その中でも人生を楽しく行きている人もいれば、苦しい人生を送っている人もいるだろう。

今まさに必死に何かに取り組んでいる人もいれば、別に目標もなく普通に生きている人もいるだろう。

大抵の場合、義務教育を終え、高校、大学に行き、会社に勤めて働くだろう。

もっとみる

【記事感想】変わる、ドンキ。

店舗の現場で鍛えられた人材が経営を引っ張る体制から、経営資源の配分などに長じた新たなタイプのトップが全体を統括する形にする。

記事元:ドンキ、30年目の大改革

変わりますね。ドンキ。今度は経営経験が十分な人にCEOが譲られます。企業として成長を模索していく段階、いや、世界を目指す上では、こういった人材が必要になっていくのでしょうか?

ドンキの経営、というより店舗経営の在り方としては、現場への

もっとみる

挑戦するという事の価値

この時期は、先のことを考える時期になっています。
常に考えているのですが、特にこの時期はそうなります。
6月クワトロの期末・9月MCの期末である事が大きな理由です。
今後どのような社会・世界になり、その上でどのような一歩を進める事が適切なのかを考えます。

時代の流れ

この時期だからこそなんですが、挑戦すべきなのか、それとも今を維持すべきなのかと考えます。

当たり前の事かもしれませんが、時代の

もっとみる

従業員に混ざって並ぶ我らのCEO

色んなありがたいことが重なり、なんとかエストニアで職を得ることができた。修士の2年間、寮費込みの月500ユーロ貧乏生活ともやっとおさらばすることができ、ハレて文化的最低限度の生活が許されそうだ。

まだ働き、否、通い始めて2週間(まだ仕事と言えるようなことは1時間くらいしかしていない)なのだが、その間に社員全体研修がスパで行われた。ここ半期の業績や次の半期~の指針、及び社員による執行部への問答、新

もっとみる

デザイン(design)の必要性を感じる

デザイン(design)

私はデザイナーではありません、デザインに関して学んだ事もありません。
最近、デザインを勉強したいなぁと思っています。
具体的には何か?
もう少し、大人が学ぶデザイン学的なものを紐解きながらどこかいいタイミングでオンライン講座なのか通学なのかも含めちょっと検討したいと思っています。
どなたかオススメあれば教えてください。

なぜ、そのような気持ちになっているのか?
ここ2

もっとみる

ファシリテーション

今週は、クライアントワークが少なく、関係者MTG・資料作成が多い1週間でした。
嫌いでは無いんですが、いい感じでバランス取れていた方がいいんだなと改めて感じました。
そして、経営をするという事の難しさを色々な側面で感じました。
毎日が学びです。

ファシリテーション

関係者MTGなどで、ファシリテーションをする機会が多くあります。
その時に、褒められる事が時々あります。
自分としてはファシリテー

もっとみる

【お客様対談記事】個人投資家にとっての投資哲学

2019年8月現在、世界経済の動向の不透明感から、市場の価格変動も大きい状況が年初から続いています。

そんな中、短期的な相場の変動に一喜一憂するよりも、今一度、個人投資家の方がなんのために投資を行うのか、個人投資家にとっての投資哲学について、もともとご本人が職業でプロ投資家として活動をされ、個人としても10年以上にわたって資産運用を行われてきた、クラウドクレジットのお客様(以下、山田様<仮名>)

もっとみる

【バーチャルCEO】

社長を雑務から解放する、1人バイト総務部?

社長を雑務から解放して
アルバイトに引継ぐ前代未聞の
『1人バイト総務部立ち上げサービス』。

そんな変わったサービスが
秋から始まるようです。
※ヒーズ株式会社が提供

簡単に言えば、

「雑務は全て時給1000円のアルバイトにやってもらい、
社長が社長業に集中できる体制を3ヵ月で整えますよ!」
というものです。

確かにこういうサービスは
今の時代

もっとみる