COP23

「地球温暖化、米で影響拡大」から

----------
三点に注目したい 
 1.人間としての価値基準の再設定
 2.GDP追求という宗教的側面
 3.概念導入、による市場創出

関連代表記事 日本経済新聞 2018/11/30 朝刊
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38359340Z21C18A1TJ1000/
----------

A 反環境路線のトランプさんであるが、米政府公式報告

もっとみる
思考は実現する。
6

0068-20171126【ビジネスパーソン必読の主要ニュース解説】

今週の振り返り、時事ポイントは以下のとおりです。

1.国会各党代表質問 2.COP23(国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議) 3.米国による北朝鮮の「テロ支援国家再指定」 4.ドイツ政治情勢 5.日本経済界による合同訪中団派遣 6.ジンバブエ情勢

1.国会各党代表質問

衆参両院は11月20日(月)から先週17日(金)の安倍総理による所信表明演説への代表質問を実施しました。

衆議院は2

もっとみる

20171121社説から見る現代日本

おはようございます。昨日から国会では安倍総理の所信表明演説に対する各党からの代表質問が始まりました。

11月19日(日)の社説で読売は、ドイツのボンで開催された温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の運用ルールなどを話し合うCOP23(国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議)について取り上げていますが、本日他の四紙で同会議の内容を社説で取り上げています。

本日のオススメは日経の「日産の不正招いた

もっとみる

「奇異の目」への違和感

温暖化関連の報道では一般的な論調ながら、違和感を禁じ得ません。

まず「日本は存在感を示せず」と日本のメディアの方は頻繁に書くのですが、存在感があるのは米国・中国など大排出国。EU諸国などはアピール上手ということはありますが、世界の温室効果ガス排出量の3%である日本がそれほどの存在感を示せると思うほうが自意識過剰な気がします。パリ協定の仕組みは日本の産業界がやってきた自主的削減への取り組みとそっく

もっとみる
ありがとうございます。フォローしていただけたらもっと嬉しいです。
1