CUD

武蔵野美術大学 白石教授に、色に関する素朴な疑問に答えてもらった話

GWが明け5月も半ばに入ったにもかかわらず、朝から降り続いている雨の影響で思ったより寒い5月14日、武蔵野美術大学デザイン情報学科 白石教授とお話できる機会をいただいた。

はじまりはフェンリルの最高デザイン責任者(CDO)である戸塚が新卒採用の一環として、戸塚の母校でもある武蔵野美術大学に伺った際、色彩心理学の研究を行っている白石教授(以下、白石先生)と「フェンリルでも色の視点からユニバーサルデ

もっとみる

業務の間に四苦八苦しながらMUD検定2級を受けてメディアユニバーサルデザインディレクターになった話

昨年6月にメディアユニバーサルデザイン教育検定(以下MUD検定)を受け、アドバイザー資格を取得したのだが、そのときにUDに感化されまくってしまい「UDを極めてゆかねばならぬ!」という謎の使命感に燃えまくり、11月にディレクター資格であるMUD検定2級を受験してきた。

12月20日、無事に合格証を手に入れて、日本で160人ぐらいしかいないというメディアユニバーサルデザインディレクターという肩書を(

もっとみる

多くの人にとって優しいデザインを目指して

今回はカラーユニバーサルデザインについてお話したいと思います。カラーユニバーサルデザイン(color universal design: 略語:CUD)とは、多くの人が等しく情報を認識できる配色を用いたデザインのことを言います。まだまだ勉強中なので、用語定義などに迷いがあったりしますが、なるべくわかりやすいように、まとめました!(まとまっているとよいのですが…)

色の見え方と色覚の多様性

人間

もっとみる