Critic

突破する表現と、受け止める側の知の連鎖 についての話。

(※本記事には価格が設定されていますが、無課金でも最後までお読みいただけます。)

自由大学で「DIYミュージック」という講義のキュレーターをつとめはじめてから、かれこれ2年の月日が経過した。

「DIYミュージック」はテクノロジーを利用したり、はたまた別の創意工夫も取り入れながら、音楽制作はまったく経験が無い人から、これまでクラシックをがっつりやってきた方、ロックをがっつりやってきた方まで、様々

もっとみる
鈴木です。読んで、リアクションいただき嬉しいです!ありがとうございます
14

あっ‥ちょっと想(おも)った?んだけど?… #Critic (←)これ批評家の意味(英語で当て嵌(は)めた単語)らしい?、んだけど?。キュリエーターって?…英語?なのかな?、それとも‥(発祥国不問の)造語?なのかな(私の浅見(せんけん)で訳します!と)?…鑑定士なのですけどね?。