DELF

アンスティチュ・フランセ東京で無料体験レッスンを受けてきました

先日アンスティチュ・フランセ東京の春学期講座の申し込みをしてきました。
私、これで4月から3つの学校に通うことになります。
学校レビューは後日…
アンスティチュは以前通っていたのですが、いつの間にかやめてしまいました。久しぶりの登録です。

申し込みをしに行った日は、ちょうど学校のイベントがあった日。
いい機会だったので無料体験レッスンを受けてきました。
僅か1時間の授業でしたが、とても刺激を受け

もっとみる

フランス語 スランプを乗り越えたい

本気の勉強から一か月が経ち、早速来ました。
スランプです。

自分の弱点はわかっています。
でも際立っているのは
・聞き取りが苦手
・ボキャブラリーがない
の2点。

「耳を慣らす」という意味でラジオRFIで【Journal en français facile】という番組をここ一年くらいずっと聞き流していたんですけど、
https://savoirs.rfi.fr/fr/apprendre-en

もっとみる

1日10時間働くサラリーマンでも、週15時間は勉強できる

私のある平日の1日

8:00 起床
9:10 出勤
10:00 出社
21:00 退社
22:00 帰宅
25:00 就寝

と、割と勤務時間は長いほうかと思います。
22時まで仕事することもありますが、平均で1日10時間、休憩時間&移動時間を入れると1日の半分以上は仕事です。

でも、お昼をお弁当に変えて、食べる時間以外は勉強、移動時間も勉強、にすれば平日でも1日最低1時間は勉強に充てるように

もっとみる

Petit à petit l'oiseau fait son nid

初めてフランスに旅をし、恋に落ちてから早20年が経ちました。

フランスに半年留学した後に仏検を受検して、結構上のレベルに合格した後は、「なんとなく」フランス語の勉強がいい加減になっていた。
でも「文法は一通り終えているし、仏検も合格しているから」って、フランス語話せる気になっていた。
今思えばとんだ勘違いだ。

20年以上、幾度となくフランス旅をしてきたけれど、一向にフランス語が上達しない。

もっとみる

仏仏辞書(フランス語辞書)を使いこなす

ボンジューる!

中級(仏検準2級/ DELF B1程度)以上を目指す場合や、フランスの大学に留学を考えている場合、仏仏辞書は必要不可欠になります。そこで、紙/アプリ共に仏仏辞書と格闘したわたくしが、フランス語の手持ちの辞書について書いてみようと思います。

仏⇔和辞書との併用として、参考になればいいなと思います!

/ / / / / / / / / / / / Sommaire / / / /

もっとみる

使える!フランス語辞書アプリ

ボンジューる(ひらがな表記はRの発音です)、まりです!

さて、今回は仏語辞書アプリについて見ていきたいと思います。初級〜中級用、中級以上にオススメのものを紹介します! ※今回も長めです。

外国語学習は、日常どれだけその言語に自分の脳の活動を費やしているかによって上達のスピードが変わってきます。自分の生活において、如何にフランス語が日常的な存在になるかにかかっているってわけです。それは、自分がど

もっとみる

使える!フランス語辞書 紙版

ボンジューる(ひらがな表記はRの発音です) 、まりです!

フランス語を勉強する時に必須なアイテムと言えば、まずはともあれ、仏和・和仏辞書です。

現在では、いわゆる「紙辞書」の他に、アプリや電子版などのデジタル辞書も加わったことで選択肢も広がり、それぞれが微妙に懐をえぐられる値段でもあり、一体どれを選べばいいのー?! という悩みってありますよね。

現在の仏語学習時間・レベルによっても「使える」

もっとみる

フランス語学習最強ツール:初級編

フランス語の勉強を初めてみようかなという方向けに、ツールを集めてみました。2018年3月現在、わたしが考える「これが最強!」と思えるセットは

Duolingo
絵で楽しむフランス語 [単語 ] 改定版:音声つき
はじめての声に出すフランス語
声に出すフランス語即答練習ドリル

この他に、文法学習用の本一冊と辞書があれば、後はそれを繰り返すだけで基礎を固めることができますよ!

学習ツール紹介は、

もっとみる

仏検読解問題の解き方(3)

前回までで、私が読解問題を解くとき、どんな風に取り組むのかについて手順を書いてみました。これから問題に解答していくわけですが、今回はその手順について見ていきたいと思います。ちょっと長くなりますが、ひとつひとつ細かく解説していきますね。

問題文は同じ過去問サンプル(2008年秋) 2級の大問 4を使います。問題を見てみましょう。

まず、各問が何を問うているかを見てみます。それによって、本文に当て

もっとみる