DtoC

なぜFRACTAはShopifyを使うのか?

FRACTAは、Eコマースとブランドの関係性をとても重要かつ、避けては通れぬ関係性であると考えています。
これは、「Eコマースは必ずやらなければならない」といったような単純な判断ではなく、Eコマース上にブランドコミュニケーションを実装するにはどういった方法が最適なのか、そもそも「Eコマース」自体がブランドのコミュニケーションにおいて本当に必要なのかも含めて、ブランドビジネス全体を俯瞰で判断する必要

もっとみる
私たちへのスキをありがとう!
20

FRACTAの提供する One by One の最も大きな特徴

私たちが提供するOne by One は、プロジェクト単位での業務委託契約や、顧問契約のようなものと比較されることがあります。
One by One は、私たちが今まで多くのECとブランディングの様々なフェーズで関わらせていただいた中で、お客様が本当に望むリターンとはなんなのかを徹底的に考え抜いた結果、生み出されたサービスです。

その結果、業務委託契約と顧問契約両方の良いところと、それらを組み合

もっとみる
ぜひシェアもしてください!
13

D2Cブランドを支援する理由

こんにちは。フラクタのPR担当、花沢です。前回は「One by One」誕生の背景についてお伝えしました。今回は、私たちがOne by OneでD2Cブランドを支援している理由についてお話しします。

D2C(Direct to Consumer)の定義

そもそもD2Cとは?、についてはすでにご存じの方が多いとは思いますが、一般的には以下のように語られています。

【一般的な定義】
D2C(DT

もっとみる
私たちへのスキをありがとう!
13

キャピタライゼーションを自動で修正提案してくれるツール

ブランド名やサービス名、商品、コンテンツ等で英語を使うことは多いですよね。ましては海外に販売を考えているブランドなどは尚更だと思います。
その際に出てくるのが「大文字・小文字どっち?」問題。
これは「キャピタライゼーションルール」に沿って正しく記述すれば間違い無いのですが、細かく調べていくと結構膨大な文献や論文が存在し、なかなか答えがでません。
そこで今回紹介する「Capitalize My Ti

もっとみる
ぜひシェアもしてください!
12

Shopify(ASP) = スマートフォン と考えると理解が楽に

私が所属しているFRACTAではカナダからやってきた「Shopify」なるECのコンサルティングも提供しています。

特にこれからのスタートアップ、成長に伴ってECを見直すDtoCにはけっこうお薦めのプラットフォームで、ブランディングを支援する私達は以前より注目しています。

そしてShopifyってどんな感じです…?ってコンサルティングのお問い合わせを受けた際によく聞かれます。
今回はそれを少し

もっとみる

D2Cブランドにおける「USの今」と「日本のこれから」

こんにちは。Shopifyエバンジェリストの河野です。
RETAILDIVE の記事にあった「次のユニコーン」というテーマがD2Cの現状を端的にわかりやすくまとめられていたのでご紹介します。
この記事の中には下記のようにあります。

"I think there was an arbitrage opportunity five years ago, where you could take a

もっとみる
ぜひシェアもしてください!
23

人軸で物が売れる・物を作る、美容界もインフルエンサーブランド時代に

今は「消費者が動く方に企業が動く時代」と言われている。実際、インターネットの時代となり、トレンドは雑誌やランウェイ以外の場所から生まれることも多い。ではどこから発生するかといえば、かつてトレンドがストリートから生まれたように、若者がたむろする場所から生まれるのだ。つまり、SNSである。

 SNSではインフルエンサーと呼ばれる人々がこれを率いている。この言葉は単にフォロワー数が多い人を指すのではな

もっとみる

DtoCのオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」の株式会社ポケットマルシェが、シリーズAで3.3億円の資金調達を実施

資金調達情報
調達額:3.3億円

ラウンド:シリーズA

募集方式:第三者割当増資

調達先:いわぎん事業創造キャピタル株式会社
    株式会社OKBキャピタル
    小橋工業株式会社
    株式会社電通
    PNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合
    その他個人投資家

調達年月:2019年8月

企業情報
企業名:株式会社ポケットマルシェ

もっとみる
引き続き応援の程、よろしくお願い致しますm(__)m
1

ブランドの課題解決はギャップの発見にあり

Before After Method

いきなりnote1発目に何書こうかなと悩み…

自分が普段溜め込んでいる経験や考えをまとめる意味で、私が所属するFRACTAでブランディングの観点でよく求められる客観性について書くことに。

今回はブランドコミュニケーションを客観的に見るためのBefore After Methodと勝手に命名しているメソッド的な話です。

定性調査の類ですけど、これ定量的

もっとみる

モノが売れないと嘆くマーケ担当へ

皆さん、こんにちは。富田です。

最近コスメ系や物販、通販をやられている方とお話していて思うのがマーケを変えていないのにモノが売れなくなりました。

というお話です。

お客様が変わってきている

僕がまず思うに一番違和感なのはマーケを変えていない点です。

時代が平成から令和に変わったように世の中は変わっていきます。それをもっと落としていくと変わっているのは人です。すなわちお客様は変わっています

もっとみる
スキいただき有難うございます♪
4